ED・勃起不全の原因

男性の大きなお悩みED・勃起不全は単一のものではなく、心因性、加齢、疾患など様々な原因があります。

また、それら原因が複雑に絡み合った複合性の原因もあります。

こちらのページでは、その原因を検討してみました。

心因性の原因

ストレスや不安、うつなど心因性の原因でED・勃起不全になられる方も多く、特に20代~40代の方のEDは、大半がこの心因性が原因と言われています。

この心因性の原因には「日常のストレス原因」と「深層心理が原因」の2通りがあります。

日常のストレスが原因
パートナーのふとした言葉や、子育て費用など経済的ストレス、また日頃の疲れなど日常生活の精神的な要因が原因となるもので、これらは原因がつかみやすいので、専門家によるカウンセリングや投薬で回復する事ができます。
深層心理が原因
幼児期の体験などがトラウマになり、原因が深層心理、無意識下にあるため原因がつかみずらく、治療も難しいとされています。

加齢

一般的に年齢が上がるほどリスクが上がると言われています。

加齢による原因で一番大きなものは、動脈硬化による血管障害であり、加齢や疾患、生活習慣病などにより動脈硬化が起こると、血行不良となります。

生活習慣病

糖尿病や高血圧など生活習慣病によるED・勃起不全もよく見られる原因です。

ただし、生活習慣病が直接繋がるというわけではなく、生活習慣病による動脈硬化や神経障害が原因となります。

また、喫煙や過度の飲酒も原因と言われていますが、やはり健康な体を維持していくことが予防策といえそうですね。

神経系の障害

コラム「ED・勃起不全の化学」のページでも述べましたが、性的興奮により陰茎の海綿体に血液が入り、勃起する一連の動きは副交感神経によりコントロールされています。

副交感神経への刺激は勃起中枢神経に伝わり、精液などの体内分泌物の生成や陰茎内の血管の収縮・拡張が起こるのですが、これら神経系に障害が発生すると、一連の動作が行われなくなります。

この神経系の障害は、疾患や外傷など様々な原因があり、専門医の治療で回復することもあれば、特殊な方法でなくては治療できないということもあります。

その他疾患や投薬

前立腺肥大など泌尿器系の疾患が原因のED・勃起不全もありますし、また排尿不全が心理的なプレッシャーになったという事例もあります。

さらに投薬の副作用やホルモンの変化など、原因は多岐多様にわたり突き止めるのが困難な場合も多々あるようです。


  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

勃起不全・ED改善系ジャムウ一覧

コブラX

コブラX

スーパージャンタン

スーパージャンタン

ウラットマドゥ

ウラットマドゥ