糖尿病とED・勃起不全

糖尿病(Diabetes Mellitus)とは、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が病的に高い状態を指す病名で、生活習慣病の一つとして数えられていますが、同時にED・勃起不全の原因の一つでもあります。

このページでは、糖尿病との関係について解説いたします。

糖尿病とは?

まず最初に、糖尿病とはどのようなものかについて説明します。

人間は内臓器官で食べたものの一部をブドウ糖に変えて血液中に取り込みます。

このブドウ糖は、血液によって体中に運ばれ細胞に取り込まれて体を動かすエネルギーとなったり、食べ物を食べなくても活動ができるように細胞内に備蓄されます。

しかし、このブドウ糖が細胞に取り込まれず、血液中にあふれてしまい、血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が高くなってしまった状態が糖尿病なのです。

では、なぜブドウ糖が細胞内に取り込まれなくなるのでしょうか?

それは、ホルモンの一種である「インスリン」に関係しています。

インスリンは、膵臓(すいぞう)内のβ細胞で作られるホルモンで、血糖値をコントロールしたり、血液中のブドウ糖を細胞内に送り込む働きがあるのです。

そのホルモンが足りなかったり、働きが悪くなると、細胞内にブドウ糖が送り込まれなくなり、結果血液中のブドウ糖の濃度(=血糖値)が上がってしまうのです。

インスリンが足りなくなったり、その働きが悪くなるのは、いろいろな原因がありますが、その原因によって糖尿病は1型と2型に分類されています。

1型とは、インスリンを作り出す膵臓内のβ細胞が何らかの原因で死滅してしまい、インスリン分泌が減少することによる糖尿病です。

2型とは、遺伝的に糖尿病になりやすい人が、糖尿病になりやすい生活習慣を送る事により、インスリンの分泌低下とインスリンの働きが悪くなって起きる糖尿病です。

糖尿病になりやすい生活習慣とは、肥満、食生活の乱れ、喫煙、運動不足などによるもので、一般的に暴飲暴食による糖尿病とはこの2型を指しています。

他にも糖尿病には遺伝子異常や他の病気が原因となるもの、あるいは妊娠糖尿病などいろいろな原因があります。

糖尿病にかかるとどうなるのか?

糖尿病にかかった場合の症状は、血糖値が上がることによる症状と、合併症による症状があります。

血糖値上昇による症状とは、血液中のブドウ糖濃度が上がることにより、口の渇きや水を飲む回数が増える、排尿の回数が増える、こむら返りが起きやすくなるといった症状や、一時的に著しい高血糖となる事によりおこる意識障害や腹痛などの糖尿病性昏睡があげられますが、これら症状はインスリン注射などにより抑える事ができます。

もう一つの合併症が、非常に重大な事態を引き起こす怖い症状で、この合併症を引き起こさないように、糖尿病患者は食事制限や体質改善などにより常に血糖値コントロールをしなくてはいけません。

血液中のブドウ糖は細胞に取り込まれるとエネルギー源となりますが、血糖値が高い状態が長期間続くとブドウ糖が血管内皮のタンパク質と結合し、体内の微小血管が破壊され体内臓器に重大な障害を与えます。

これが、糖尿病慢性期合併症と呼ばれる症状です。

糖尿病慢性期合併症には様々な症状がありますが、以下の3つの症状が早期に発生する三大合併症と呼ばれるものです。

糖尿病性神経障害
糖尿病による末梢神経の障害で、手足のしびれや怪我の痛みに気が付かない、
筋力低下、胃腸障害、立ちくらみ、発汗異常などが発生します。
糖尿病性網膜病
目の中にある網膜の血管が破壊され視力低下や失明、白内障となります。
糖尿病性腎症
腎臓内の、糸球体という部分の毛細血管が破壊され、尿を作れなくなります。
そうなると、血液中の不純物を取り除くことが出来なくなるので、
週に何回か病院で人工透析をすることになります。

他にも、血管合併症による狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化、皮膚合併症、下肢合併症、免疫不全などの合併症もあります。

糖尿病とED・勃起不全

糖尿病は、ED・勃起不全の原因の一つと説明しましたが、具体的にはどのような障害が起きるのでしょうか。

糖尿病患者さんがなるには、大きく分けて2通りの障害が原因となります。

まず、一つ目は糖尿病三大合併症の一つである、糖尿病性神経障害が原因となるものです。

血液内の増えすぎたブドウ糖により、末梢神経に障害が発生するのが、糖尿病性神経障害ですが、どこの神経に障害が出るかは、人それぞれです。

その障害が勃起中枢や、勃起信号を伝達する神経に発生したら、いくら脳内で性的興奮があり、勃起信号が発せられても、途中の神経経路が切れていたり、勃起中枢に障害があったら、陰茎の勃起は起こらなくなります。

もう一つが血管合併症です。

ブドウ糖による血管への障害が、陰茎動脈や陰茎海綿体で発生したら、いくら勃起中枢から勃起信号が出ても、血液が満足に海綿体に流れ込まず、勃起しない、あるいは、充分な硬さが得られないという事になります。

このような、糖尿病による場合

  1. ジャムウは効果があるのか?
  2. ジャムウを飲んでもいいのか?

というご質問を頂きます。

結論として、あまりおススメはできないし、、糖尿病を直さないと根本解決にはならない、という事です。

糖尿病により、陰茎動脈の血管の拡張が悪くなり、海綿体に充分血液が流れ込まなくなっても、ジャムウのパワーにより、ある程度は血管拡張を促し、海綿体への血液流入を補助できるかもしれませんが、それも患者さんの障害の程度に寄りますから、絶対に大丈夫とは言い切れません。

また、糖尿病により動脈硬化などが発生している場合、むやみやたらにジャムウを摂取することにより、血圧の低下や血管の障害などが起こる可能性もあります。

ですので、糖尿病によるED・勃起不全に対しては、ジャムウは期待される効果が発揮できるとは言えませんし、場合によっては不具合が生じる可能性もありますので、糖尿病患者さんには、ジャムウはおススメできかねるのです。

ご理解いただけたでしょうか?


  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

勃起不全・ED改善系ジャムウ一覧

ブラックコブラ

ブラックコブラ 新発売

コブラX

コブラX

スーパージャンタン

スーパージャンタン

ウラットマドゥ

ウラットマドゥ