ED・勃起不全の予防

ED・勃起不全は、現代社会において特殊な病気ではありません。

最近は働き盛りの年代でもこの病気で悩む方が増えており、だれでもかかる可能性のある病気と言えるでしょう。

しかし、適切な予防を心がければ、悩むパーセンテージもぐっと下がってきます。

こちらでは、そんな悩みの予防方法について考えてみました。

生活習慣病の予防

ED・勃起不全の原因として非常に大きい物に生活習慣病があります。

生活習慣病と診断されなくても、高血圧や太りすぎなど、不健康な体には要因が潜んでいます。

生活習慣病を防ぐには「食事」「運動」「酒・タバコ」が非常に重要と言われております。

食事
健康と食事は古くから密接な関係にあることが知られています。
過食に気をつけ、バランスの良い食事を心がけ、常に健康体を目指すことが、日々の生活の中で大変重要なことであります。
運動
適度な運動は、ストレスの発散にも通じ、また健康で快適な社会生活を送る上でも、非常に重要なことです。
ゴルフ、野球、ボーリング等、手軽に長く楽しめる趣味スポーツを見つけましょう。
酒・タバコ
酒は百薬の長といいます。適度なお酒は、血行を良くしたり、ストレスを取り除いて健康にもいいかもしれませんが、飲み過ぎは逆に害となります。適量を守り、お酒を楽しむことが重要です。
タバコに関しては、近代社会ではかなり肩身が狭いと思います。ストレス解消に役立つ場面もありますが、こちらも吸いすぎは、健康を害する恐れがありますので、充分注意が必要です。

予防する栄養素

先の項目でもバランスよく食事することは大切と書きましたが、こちらでは予防に関係のある栄養素や元素をご紹介いたします。

亜鉛
亜鉛は、金属元素の一つで16種類ある必須ミネラルの一つです。
人体では、鉄の次に多い必須元素で70Kgの人に平均2.3g含まれると言われています。
必須ミネラルですが、摂り過ぎは悪影響を及ぼし、成人男性の場合1日の推定摂取必要量は8mg、上限量30mgということです。
この亜鉛は生殖機能の向上に非常に重要な元素で、不足すると精力の減退、勃起不全を引き起こす要因となると言われています。
亜鉛は自然界の様々な物に含まれていますが、特に牡蠣、抹茶、煎茶に多く含まれると言われています。
アルギニン
アルギニンは天然に存在するアミノ酸の一つです。
必須アミノ酸ではありませんが、成長期には摂取が必要だそうです。
このアルギニンは免疫反応の活性化、細胞増殖促進、コラーゲン増殖促進の作用があり、また生殖機能の向上や精子の増産能力に関係があると言われています。
このアルギニンは、特に山芋やレンコンに多く含まれるということです。
セレン
セレンは、セレニウムとも呼ばれる元素で自然界に広く存在し、微量であれば人間にとって必須元素であるが、取り過ぎると人体に悪影響を及ぼすと言われています。
セレンが不足すると、貧血、精子の現象、早老などが起こる可能性があり、また血中セレン濃度と前立腺がんの関係性が指摘されています。
日本人の平均的な成人男性で一日の必要摂取量は25μg、上限量が450μgだそうです。
多くの食品に含まれている元素ですが、特に日本人が好む魚介類に多く含まれています。

ストレスを溜めない

ストレスには、職場、家庭、仕事、金銭、将来の不安といった悩みや、セックス時のストレスなどいろいろなものがあり、これが精神的原因となります。

初期段階において「自分はED・勃起不全ではないか?」といった不安感がストレスとなり、より重度になっていくといった例も見受けられます。

ストレスを受けない生活が理想ですが、人間社会に暮らしていて、まったくストレスを受けないということは不可能と言っていいでしょう。

それならば、受けたストレスを早い段階で解消し、ストレスを溜めないという生活を目指していくのが得策と思います。

ストレスを解消する一番の方法は、趣味や好きなことに没頭して、気分転換を図ることでしょう。

飲酒によるストレス解消もいいかもしれませんが、深酒によって健康を害してしまってはもともこもありません。

ゴルフなどのスポーツやドライブ、旅行など、体を動かす健康的な趣味でストレスを溜めない暮らしをしましょう。


  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

勃起不全・ED改善系ジャムウ一覧

コブラX

コブラX

スーパージャンタン

スーパージャンタン

ウラットマドゥ

ウラットマドゥ