ED・勃起不全の治療法

加齢、心因性、病気など様々な原因で起こるED・勃起不全は、現代社会生活において多くの方の悩みとなり、身近な問題となりました。

こちらのページでは、現代の治療法、克服方法について考えていきます。

生活パターンの変化

軽い勃起不全は、生活パターンを変えることで治ってしまうことがあります。

規則正しい生活、充分な睡眠と休養、適度な運動などにより、健康な体を取り戻し、結果勃起不全を克服したという例もあります。

また、夜の性生活がマンネリ化してしまい、勃起不全になるケースもあります。

旅行に出かける、部屋を変えてみる、など様々な方法でマンネリ化を打破することにより、勃起不全を克服出来ることもあります。

カウンセリング

特に心因性、精神による勃起不全の場合、専門の精神科医によるカウンセリングが重要です。

カウンセリングによる治療は、時間がかかる場合もありますが、精神的な負担も取れ、勃起不全の根本的な治療にもなりますから、専門医に一度相談されるといいでしょう。

食生活の改善

規則正しい食事、深酒や喫煙の軽減など勃起不全克服に食生活は重要な項目ですが、ここでは対策に良いと言われる食材をご紹介します。

亜鉛
亜鉛は精力増強や勃起不全治療に良いと言われる、必須ミネラルです。
牡蠣、抹茶、煎茶などに多く含まれております。
アルギン
アルギンは海綿体の血管拡張に効果があり、男性ホルモンの分泌や精子の生産能力を左右すると言われているミネラルで、山芋やレンコンなどの根菜類に多く含まれています。
セレン(セレニウム)
セレンは人体の必須ミネラルの一つで、精子の運動量や生産量に関係があると言われています。
魚介類に多く含まれていますが、必要以上の摂取は人体に悪影響を及ぼすそうです。

補助器具

陰茎を勃起させ、その勃起状態を維持する補助器具も世の中に出回っていますが、どれも医師の指導のもと、正しい使用方法をとらなくてはいけません。

コックリング
勃起した陰茎の根元に嵌めるゴム製や金属製のリング状器具で、陰茎の根元を締め付けることにより海綿体の血行を緩やかにし、勃起状態を長引かせます。
長時間の使用は持続勃起症を引き起こし、最悪の場合性器切断もありえます。
医師の指導のもと、30分以下の使用と言われています。
勃起補助ポンプ(VCD治療)
陰茎にシリンダーをかぶせ、手動式のポンプで空気を吸い出しシリンダ内を負圧にする事により陰茎海綿体内に血液を呼びこみ勃起させます。
充分な勃起状態ができたら、陰茎の根元をコックリング等により締め付け、勃起状態を維持させる補助器具です。
使用に際して医師の指導が必要です。

ED治療薬

バイアグラ、レビトラなどのED治療薬の他にも、サプリメント、ジャムウ、漢方薬など多くの治療薬があります。

詳しいことは、別項(ED・勃起不全の薬)にて述べさせていただきます。

ICI治療法

陰茎海綿体に直接勃起誘発剤を注射し勃起させる治療法です。

80カ国以上の国で実施され、注射後5~10分くらいで効果が現れる即効性のあるED治療法です。

陰茎に注射するので、痛みが心配ですが、現在では髪の毛より細い針で薬剤も0.1~0.3mlと、微量のため、ほとんど痛みを感じないそうです。

陰茎プロステーシス

これまで説明した種々の方法が全く効果がない場合、最終的に取られる方法で、手術により陰茎海綿体部にプロステーシスと呼ばれるシリコン製の器具などを入れる治療法です。

棒状で大きさが変化しないプロテシースを入れるノン・インターブル型と、ポンプなどにより外部信号で伸び縮みするプロテシーズを入れるインターブル型があります。



  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

勃起不全・ED改善系ジャムウ一覧

ブラックコブラ

ブラックコブラ 新発売

コブラX

コブラX

スーパージャンタン

スーパージャンタン

ウラットマドゥ

ウラットマドゥ