入れるだけではイケないの?

入れるだけではイケないの男性の場合、陰茎に性感帯が多く、陰茎を刺激することによりオーガズムに達することが出来ます。

そのため、多くの男性も女性は膣に性感帯があり、性器を挿入し膣を刺激することにより、女性もオーガズムに達することが出来ると考えています。

ところが、膣はそれほど敏感ではなく、あまり膣では感じないという女性が多くいます。

つまり、性器を挿入するだけでは、女性はオーガズムに達しないのです。

本当に、膣ではイケないのか?

女性の膣は、クリトリスに比べて、ずっと神経が鈍感なところです。

出産の時、赤ちゃんが通る場所ですから、神経が鈍感でないと痛くて出産ができませんよね。

それと、生理の時タンポンを入れる女性もいますね。

タンポンを入れただけで感じることはないですよね。

とはいえ、膣はまったく感じないか?というと、そういうわけではないようです。

膣でも入り口に近いところは、神経もたくさん集まっており、またGスポットと呼ばれるところも膣の中にあります。

つまり、膣が全く感じないというわけではなく、クリトリスに比べて感覚が鈍い、ということと、膣の奥より入口の方が感じやすい、という事なのです。

また、セックスの経験が増してくると、膣でも感じやすくなる方もいるそうです。

でも、それも個人差があるので、セックス経験が少なくても、膣で感じる方もいると思います。

つまり、女性をオーガズムに導こうとするなら、性器を挿入するよりも、性感帯であるクリトリスやGスポットを丹念に愛撫したほうが良いという事です。

自分のものに自信がない男性でも、ちゃんと感じるところを愛撫すれば、女性をイカす事が出来るという事です。

どうしたら、パートナーをイカせることができるのか

愛し合っている二人なら、同時にオーガズムを感じることが理想と言えるでしょう。

しかし、男性は陰茎の挿入によってオーガズムを感じることが出来ますが、女性は挿入だけではオーガズムをかっじることが出来ません。
どうすればいいのでしょうか?

それは、事前に入念な前戯と愛撫を行い、女性の快感が上昇したところで挿入すればいいのです。

女性は男性と違い、心がリラックスしていなければ快感を感じることはできません。

また、セックスへの準備もできません。

そのために、ムードを盛り上げ、キスやタッチなどの前戯により、心をリラックスさせ、男性を受け入れる体制を作ってあげるのです。

そして、女性の心が開いて来たら、性器などの性感帯への愛撫で女性の快感を上げていくのです。

女性は男性と違い、快感が急激に上昇することはありません。

ゆっくり時間をかけて快感を上げていくことにより、よりオーガズムを感じやすい状況にしていくのです。

また、このように挿入前にたっぷりと快感を上げておけば、挿入してから短時間で女性がオーガズムに達することが出来ます。

つまり、早漏気味な方でも、ちゃんとパートナーを満足させることが出来るのです。

さらに、充分快感を上げておくことにより、愛液もたっぷりと分泌され、膣内の感覚も上昇するそうです。

セックスにおいて、性器結合は最後のステージと考えましょう。

最終ステージに行く前に、やらなくてはいけない事は、たくさんあるんですね。


  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック