女性がリードするセックス

世の中のカップルは、セックスにおいて、男性がリードをして女性が受け身というパターンが多いと思います。

女性から積極的に行うというのは、恥ずかしいという気持ちがあり、どうしても女性は受け身となる事が多いのでしょう。

しかし、男性リードのセックスばかりでは、本当に女性が満足するセックスが実現できるのでしょうか?

たまには、女性が主体となり、男性が受け身となるセックスもしてみませんか?

なぜ、男性リードのセックスではだめなのか?

何度も言っているように、男性と女性では感じる場所、感じる方法も違いますし、オーガズムに達するプロセスも違います。

そして、男性は男性の感性や考えのみで、セックスを進めていきます。

「本当は、そんなところを愛撫してほしくないのに・・・」

「もっと、こんな風にしてほしいのに・・・」

といった、女性の要望はあるはずです。

しかし、多くの女性は、そんな要望を男性に伝えることはできないと思います。

本当は違うのに、ダメと言えないので、不満足なセックスで我慢している・・・・

こんな女性も多いと思います。

もちろん、男性がリードするセックスも間違いではありません。

でも、たまには女性がリードするセックスを試してみても、いいのではないでしょうか?

女性がリードするセックスってどうやるの?

女性がリードするといっても、そんなに難しい事ではありません。

「自分(私)は、こうされたい」

「私を、こういう風に愛してほしい」

つまり、自分にやってほしい事を、男性にやってあげるのです。

もちろん、男性には膣はありませんから、挿入することはできません。

しかし、それ以外の事はできるはずです。

女性がやってもらいたいことを男性にしてあげる!

これが、私が提言する「女性がリードするセックス」の第一歩なのです。

女性がリードするセックスのいいところ

「女性がやってほしい事を男性にしてあげる」

すると、こんないい事がわかるのです

女性が本当に感じる場所が男性に伝わる
意外と男性は女性が感じる場所を知らないものです。
極端な話、胸と性器しか愛撫しない人もいます。
しかし、この方法をとることによって、本当に愛撫してほしい場所、方法を男性に伝えることが出来るのです。
男性の意外な性感帯が発見できる
男性の性感帯って、乳首と性器だけではないのです。
背中、おしり、首筋、内また、肘やひざの内側など、男性自身もしらない性感帯が沢山あります。
そんな知られていない性感帯を発見することもあるのです。

このことにより、二人のセックスがより刺激的に、楽しく、素晴らしくなっていくでしょう。

そして、今度は男性がリードしてみる

女性がして欲しい愛撫を男性にしてみたら、今度は逆に男性がして欲しい愛撫を女性にしてみましょう。

もちろん、女性にはペニスはありません。

そこで、クリトリスをペニスに見立てて愛撫してみてもいいでしょう。

小陰唇は、陰嚢と見立ててください。

こうやって、お互いがやってほしい事を相手にやってあげることで、なかなか口では言えなかったことも伝わり、より素晴らしいセックスが出来ていくと思いますよ。


  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック