ポリネシアンセックス

南国ビーチのサンセットポリネシアンセックスとは、南太平洋に広がるポリネシアン地方で古来から伝承されている方法です。

この方法は、射精よりも精神的な男女のつながりを重要視しており、通常は射精時のみ感じる男性のオーガズムが延々と長時間続くと言われています。

それでは、セックスレスが広がる現代社会において、究極の方法ポリネシアンとは?

ポリネシアンセックスの進め方

究極の方法ともいえる、ポリネシアンセックスの方法について説明します。

  1. 実際に性器を結合するセックスするのは5日に1度だけ
  2. 中4日は、性器の接触はせずに、しっかりと抱き合って眠り、肌と肌を密着させる
  3. セックスをする時は、前戯や愛撫に1時間以上掛ける
  4. 女性の中に挿入しても、30分以上は動かさず抱き合っている
  5. 男性が萎えてきたり、女性の快感が少なくなってきたら、少し動いて感じあう
  6. 30分以上じっとしていると、二人の間にエネルギー(気)が通い合うのがわかると言われている
  7. お互いにエネルギーが通い合うと、動かなくてもオーガズムに達する
  8. 男性が射精をした後も、結合をとかず、そのままの状態で抱き合う

ポリネシアンセックスはじっくり時間をかけて行うのが特徴です。

ポリネシアに限らず南太平洋の各諸島では、じっくりと時間をかけてセックスをする文化があります。

ニューギニアのトロブリアント諸島では「1時間たつと祖先霊がわれわれの結合を祝福してくれる」といわれていたそうです。

実際、どんな快感があるのか?

筆者は残念ながら、ポリネシアンセックスの体験はないのですが、体験者の手記やブログなどを見ると、次のような事が書かれていました。

まず、4日間はお互い肌を合わせて眠るのだが、その間は性器への接触はしてはいけない。

もちろん、キスや上半身への愛撫などはOKなのだが、感じてきてもセックスはできない。

日を重ねるごとに、何もしていないのに、感じてしまい、まさしく「蛇の生殺し状態となる」

そして、いよいよセックスのできる5日目となるのだが、この日も前戯に最低1時間はかけなくてはならない。

もう、4日間も待たされている状態なので、お互い抱き合っただけで感じてしまう。

もう、すぐにでもセックスしたい状況なのだが、さらに愛撫を続ける。

そして、いよいよ性器を結合させるのだが、入れたらそのまま動かずにじっとしている。

すると、一体感がまし、女性は細かいオーガズムが何度も押し寄せるようになる。

また、男性も射精はしていないのだが、射精時に感じる快感(オーガズム)が延々と続いているような感覚に襲われる。

そして、射精を迎えるのだが、普段よりも何倍も大きなオーガズムを感じて射精をする。

射精後も、快感は続き、いつまでも入れたままにしておきたいという感覚になる。

つまり、女性においては何度も強いオーガズムが押し寄せる状態になるのです。

そして、特筆すべきは男性。

本来なら射精時にしか得られないオーガズムが女性のように何度も感じる、つまりマルチオーガズムを得ることが出来ます。

さらに、射精後はプロラクチンの影響で性欲が萎え、快感も減るのですが、女性のように、いつまでも快感が残るセックスが出来るという事です。

ポリネシアン・セックスが女性に喜ばれる理由

このポリネシアンセックスは、2002年12月に発行された五木寛之氏の短編小説「サイレント・ラブ」の中で紹介され、日本の女性たちに広まったそうです。

では、なぜこのポリネシアンセックスが日本の女性の間で評判になったのでしょうか?

それは、時間をかけて、ゆっくりとしたセックスが女性にとって好ましいセックスだからです。

男性が発情するには、それほど時間はかかりません。

エッチな画像やAVを見たり、性的刺激を受けただけで、陰茎は勃起しすぐにでも性交が出来る状態になります。

しかし、女性は充分リラックスし、時間をかけて愛撫を行わなくてはセックスをする態勢にはなりません。

が、すぐにでも性交をしたい男性は女性の状態などお構いなしで、おざなりの前戯をするだけで性交しようとします。

これでは女性は十分なオーガズムを感じることはできません。

性交をする前に4日間かけて抱き合う事により、硬く固まっていたセックスに対する女性の緊張などを解きほぐし、充分セックスが出来る状態にしてから、初めて性交を行う。

しかも、たっぷりと前儀を行い、女性の受け入れ態勢が整ってから、女性と一つになる。

さらに、お互いの気が合うまで、動かない。

ここまで、時間をかけたセックスなら、女性も満足すると思います。

ポリネシアン・セックスは女性に喜ばれていますが、男性にもプラスになるセックスだと思います。

通常のセックスでは、男性のオーガズムは射精時のみのシングル・オーガズムですが、たっぷりと時間をかけたポリネシアン・セックスをすると、マルチ・オーガズムを感じることが出来ます。

しかも、5日間も射精を断っていますから、射精時の精子量もたっぷりとあるのでしょう。

だから、射精時の快感も増幅するのです。

男性は質の良い精子がたっぷり放出でき、女性はその精子を受け入れる体制が十分に整っている。

このポリネシアン・セックスは、ひょっとしたら、不妊の対策にもなるかもしれませんね。


  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック