感じさせて濡れさせることが大事

セックスでは女性を感じさせることが大切

まずは、男女がセックス可能になるまでの流れを、もう一度おさらいします。

男性の場合
男性は、性的興奮を覚えると陰茎周辺の血管が拡張し、大量の血液が陰茎海綿体に流入し、陰茎が太く固く変化し勃起状態になりセックスが可能となります。

女性の場合
一方女性は、性器が充血しふくらみ、膣内が愛液(膣液・分泌液)により濡れてきます。
性器が膨らみ、膣内が濡れてきて初めて男性を受け入れる、セックスが可能となるのです。

ここ注目 ⇒ 気持ちいいセックスをするためには、男性が勃起をするのと同じように、女性が濡れてくることが必要なのです。

それでは早速、女性を気持ち良くさせるにはどうしたら良いのか説明して行きましょう!

まずは膣についてお話しをしておきます

濡れる話をする前に、膣に対する男性の認識の違いについてお話しておこうと思います。

1. 通常時の膣って、どんな状態になっていると思いますか?

普通の男性は、膣というのは内部にひだがある筒状になっていると思っています。

しかし、これは大きな間違い。

通常時の膣というのは、イメージでいうと空気の抜けたゴム風船の口のようになっています。つまり、ぺちゃんこに潰れていて、しかも内部はちょっとしか湿っていない状態です。

2. 空気の抜けたゴム風船の口に、無理やり棒を突っ込んだらどうなりますか?

うまく棒は入っていかないし、場合によってはゴムが破れてしまいますね?

通常時は潰れた状態になっている膣も、興奮してくれば空気の入った風船のように膨らみ、内部も愛液でしっかりと湿ってきます。
こうなって、初めて男性の物を受け入れられるようになるんですね?

このことを理解せずにいると、セックスは痛く辛いものと感じ、セックスが嫌いになってしまう女性もいます。
しかし、しっかり濡らせることができれば、女性もとても気持ちの良いセックスが体験できると言うわけなのです。

なぜ、濡れてくるの?

男性が疑問に思うイメージ画像女性の膣が濡れるのは、人間の性反応の初期段階である「興奮期」に起こる生理現象の一つなんです。

ホルモンの力により性欲を感じると、脳の副交感神経が活性化されます。

副交感神経は、体を休憩させたり、回復させる神経で、副交感神経が活性化されることにより、体はリラックス状態になります。

男性もそうですが、リラックス状態下で性的刺激(心理的刺激・物理的刺激)を受けると性的興奮期となります。

緊張している状態では、いくら性的刺激があっても、興奮状態にはならないのです。

興奮状態になると、性器周辺の血流が活発になり、性器が充血・膨張します。
これは、陰茎海綿体に血液が流入し、陰茎が勃起するプロセスに似ていますね?

女性の性器が充血すると、子宮が立ち上がり、膣内部も膨らみ愛液(膣液)が膣壁から染み出してくるのです。

この愛液は、男性の陰茎が膣内に侵入するときの潤滑剤の役目をしています。
他にも膣内を酸性に保ち雑菌を死滅させるなどという役目もありますが ・ ・ ・

愛液によって膣内が濡れることにより、セックスが可能となるわけなんです。

濡れやすい、濡れにくいってあるの?

濡れやすい、濡れにくいということは、個人個人によりかなり差があります。

愛液も体から分泌される分泌液の一種ですから、「汗をかきやすい、かきにくい」といった事と同じように「濡れやすい人」「濡れにくい人」もいるのです。

女性が濡れるのに最も大切なのは「 メンタル(心) 」です。

興奮状態になるには、副交感神経が活性化してリラックスしないといけないと説明しましたよね?

ガチガチに緊張した状態ではいくら性的刺激を与えても興奮状態には入りません。
まずは、リラックスして、男性を受け入れる心にならないと、女性は濡れてはこないのです。

そして体調によっても変わってきます。

体調不良、疲れ、ストレス、冷えなどにより、なかなか濡れてこないという事もあるのです。
これは、ストレスにより勃起不良になる男性と同じかもしれませんね?

女性ホルモンの影響も見逃せません。

出産直後や生理不順などホルモンの分泌が乱れているときは、なかなか濡れてこないという事もあります。

心と体が万全でないと、なかなか濡れない、あるいは濡れても愛液の量が少ないという事がよくあるのです。
ですので、そんな時には潤滑ジェルなどを使い、女性の負担を軽減してあげましょう!

濡れさせるために男がしなくてはいけない事

濡れる、濡れないは女性の体の変化ですが、女性を充分に濡れさせることは、男性の協力も必要ですね?

何度も言いますが、女性が濡れるために興奮期に入るには、まずリラックスさせることが重要なのです。
部屋を暗くしたり、軽い音楽をかけたり、場合によってはアロマを炊いてもいいでしょう。

そのような環境作りから初めて、最初は唇へのキス、そして全身や性感帯へのキスやタッチングで徐々に興奮状態に持っていき、性器へのタッチやキスで十分に濡らしてあげましょう。

じれったくて面倒ですが、しっかりと濡れてからでないと女性は痛いだけのセックスになってしまいます。

はやる気持ちを抑えるのも大切!
女性の体のことも考えながら最高のセックスを楽しみましょう!

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

ポリネシアン・セックス
ポリネシアン・セックスとは、南太平洋に広がるポリネシアン地方に古くから伝わるセックスの方法ですが、近年このポリネシアン・セックスに注目が集まっています。その理由と、ポリネシアン・セックスとはどのようなセックスなのかを解説しました。
セックスってタブーなの?
セックスレスの理由には、様々なものがありますが、中にはセックスに対する罪悪感、嫌悪感からセックスレスになった方もいらっしゃるようです。世間的にセックスの話をするのは、気まずい雰囲気がありますが、本当にセックスっていけない事なんでしょうか?
あなたのセックス間違っていませんか?
ある資料によると日本人女性の約7割がセックスの時「感じているフリ」をしているそうです。あなたのセックス、本当にパートナーも喜んでいるんでしょうか?男性が陥りやすいセックスの過ちをご紹介します。
キスから始まるセックス
セックスのスタートは、何から?女性の胸をもむ?いきなり性器へのタッチ?違いますよね~。セックスはキスから始まります。キスのうまい男はセックスもうまいなんて言われますよね。
気持ちいいを聞いてあげよう
男性は、女性のどこが気持ちいのか、わからないし、勘違いをしています。男性本位のセックスは、気持ちいいがずれて、女性にとってつまらないものになります。そうならないためにも、パートナーにどこが気持ちいのか、どうしたら気持ちいいのか聞いてみましょう。
気持ちいいを開発しよう
女性のセックス嫌いの一つの要因にセックスはあまり気持ちよくない、というのがあるそうです。つまり、セックスの気持ちよさを知らない女性がまだ多いという事ですね。これは、すごく残念なことだと思います。パートナーが本当の気持ちいいを理解できるよう、男性もお手伝いしなくてはいけませんね。
感じさせて濡れさせる事が大事
性的興奮を感じると男性は陰茎が固くなります。対して女性は性器が充血し膣液によって膣内が濡れてきます。つまり、女性は膣内が濡れることにより、初めてセックスが可能になるのです。気持ちいいセックスをするためには、女性を感じさせて濡れさせることが大切なのです。
入れるだけではイケないの
男性の場合、陰茎への刺激によってオーガズムに達することが出来るので、女性も性器挿入により、オーガズムに達すると思っている男性が多いのですが、女性は挿入だけではイケない事の方が多いのです。
パートナーの愛し方
パートナーとのセックスで、多くの男性は十分な前戯をせずに挿入してしまうというお話を書きましたが、ではどういうステップでパートナーを愛したらいいのでしょうか?その一例をご紹介します
女性がリードするセックス
セックスにおいて、男性がリード役で女性は受け身というカップルが多いと思います。男性リードとなると、どうしても男性主体となり、本当に女性が望むセックスをするのは難しいと思います。思い切って、女性がリードして男性が受け身となるセックスもしてみてはいかがでしょうか?
オーガズムについてもう一度考えよう
ある意味セックスの目的、ゴールともいえるオーガズム(性的絶頂感)。男性のオーガズムは射精を伴いわかりやすいのですが、女性のオーガズムはわかりにくいと言われています。このオーガズムについて、もう一度考えてみましょう。
性病・性感染症について(1)
セックスを考えるうえで、避けては通れない性病・性感染症。気を付けなくてはいけないという事は、わかっていると思いますが、具体的にどのような病気があるのか、まとめてみました。
性病・性感染症について(2)
性病・性感染症について、その2です。クラミジア、真菌、寄生虫などによる性感染症(STD)についてまとめました
愛情ホルモンオキシトシンで幸せに?
出産時の子宮収縮などを起こさせるホルモン・オキシトシンですが、最近の研究で親子の絆を強めたり、パートナーとの愛情を深める「愛情ホルモン」としての働きに注目が集まってきました。
女性用媚薬について
媚薬とは、性欲を高め恋愛感情を抱かせる薬という事ですが、この世に本当に媚薬はあるのでしょうか?特に女性用の媚薬について調べてみました。
男女の相性ってある?ない?
恋愛話の中で「セックスの相性が良かった」ってことを時々聞きますが、セックスの相性って、いったい何なのでしょうか?
早起きは3文の得、もちろん、男女の中も・・・
早起きは3文の得なんて言いますが、なんと男女間のセックスも朝の方がいいなんて説があります。なぜ、朝のセックスがいいのか?解説しました。
愛情ホルモン・オキシトシンを増やすには
愛情ホルモンと言われるオキシトシンには、出産や授乳に必要なだけではなく、夫婦や恋人の繋がりを強めるパワーもあります。絆ホルモンとも言われるオキシトシン、増やすにはどうしたらいいのでしょうか?
サイズについて男女間の考え方の違い
男性の永遠のテーマとも言える陰茎のサイズ、女性は性行為の際、意外にも気にしていない方が多いのです。女性を喜ばせる為の考え方を変えてみるのも一つの手です。
40代になって悩む夫婦生活の夜の営み~実は回数だけじゃないってこと!
40代になると考えちゃいませんか?夜の夫婦生活のあれこれ。回数?いやいやそれとも内容?悩む前に世間一般のセックス頻度を踏まえ、考えてみましょう。

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック