精力減退の原因

精力減退の一番の原因は男性ホルモンの分泌の低下にあります。

男性ホルモンは、睾丸から分泌されるホルモンで、このホルモンにより精力、性欲が左右されると言われています。

また、この男性ホルモンの分泌により精子、精液の生産が行われるので、男性ホルモンの分泌が低下すれば精液の生産量も少なくなります。

では、なぜこの男性ホルモンの分泌が低下するのでしょうか?

それには、以下5つの要因があるのです。

加齢

男性ホルモンの分泌は年齢によって変化します。

一般的に18歳がピークで、そこから少しずつ減少すると言われていますが、個人差もあり、「性欲、精力のピークは25歳で30歳から減少していく」という説を唱える文献もあります。

この加齢による男性ホルモンの減少は、自然現象のためどうしようもない事ですが、食事や生活習慣などにより減少度合いをコントロールすることも可能といわれております。

精神的なもの

女性やセックスに対する自信喪失や、性生活の不安など精神的なものから男性ホルモンの分泌が減少することがあります。

とくに、幼少期の体験によるトラウマや、経験が浅い青年期での体験など、過去の失敗体験などにより男性ホルモンが減少する事例もありますが、このような精神的な原因は専門医によるカウンセリングなどで回復する事例も多く見られます。

また、現代社会ではストレスなど精神的な疲労による男性ホルモンの減少も見受けられます。

精神的に安定している状態では、男性ホルモンは正常に分泌されますが、精神的不安定な状態ではそれに比例し男性ホルモンの分泌も減少してしまうようです。

病気

病気でも、前立腺など男性ホルモンの分泌に関与している臓器の病気だけではなく、いわゆる生活習慣病といわれる、糖尿病、高血圧、心臓病も男性ホルモンの減少の大きな要因となっています。

前項の精神的な原因と合わせ、心身ともに健康な状態を維持していくことが、男性ホルモン分泌に重要なファクターであると言えるのでしょう。

病気に深く関係する項目ですが、投薬による男性ホルモンの減少も考えられます。

とくに、ホルモン系の薬などにより、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの分泌が減少することも、十分考えられることです。

生活環境

大気汚染や食物などに含まれる添加物、いわゆる環境ホルモンと呼ばれる化学物質による男性ホルモンの減少も見逃せない要因です。

昔に比べ、環境ホルモンが問題化してきた現代の方が、男性の精力、性欲が減少していると考えるのは、筆者だけでしょうか?

英雄、色を好む

昔から言われている言葉に「英雄、色を好む」というものがあります。

古くはナポレオンや戦国時代の名だたる武将達は、総じて色ごとが好きであったと聞きます。

決して「好色家」=「英雄・有能な人」と言っているわけではございません。

「精力が強い」という人は、総じて心身ともに健康で、男性ホルモンも十分に分泌していると思われます。

また、性欲が強く性生活も充実していれば、気力、やる気もみなぎるので、精力的に仕事に向かっていける、ということだと思います。

心身ともに健康で精力・性欲も十分にある、これが理想とされる健康体ではないかと思います。


  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

精力増強系ジャムウ一覧

タンドゥクルサ

タンドゥクルサ

パエ

パエ

スーパーライアン

スーパーライアン