精力減退は加齢が原因?50代は特に注意!!

精力減退に負けない50代精力減退の主な原因は・・・『 加齢 』

特に50代に差し掛かる頃の男性は体力も落ち、色々な面で体の不調も起こる時期でもあります。

ストレスも溜まり、気付かない内に・・・と言うこともあったりします。

しかし、いくら年を取ったとはいえ「いつまでも若々しくあり続けたい」そう思いますよね?

旺盛だった頃を取り戻すため、出来ることから始めてみましょう!

旺盛な男性の特徴

ここで少し、旺盛な男性の特徴を見てみましょう。

自分との違いはどこなのか、考えてみる事も解決の秘訣となります。

【旺盛な男性の特徴】

1.体毛が濃い
テストステロンには、頭髪以外の体毛を濃くする働きがあります。
しかし、頭髪に限っては反対の薄毛になり易くなります。
2.薬指の長さ
テストステロンの分泌が多い男性は、薬指が長くなる傾向があります。
イギリスでは、二本指の法則と言う研究が盛んに行われています。
3.鼻の大きさ
鼻の大きい人はテストステロン分泌が豊富で、陰茎も大きく性欲も強いと言われています。
4.三大欲の一つ食欲が旺盛
食欲が旺盛な人は、性欲も旺盛だと言われるぐらい関係しています。
食欲・性欲は、種の保存に関わってきますので、関係していると言えます。
5.野心が強い人は性欲も強い
テストステロンが豊富な人は野心がつよく、出世しやすいと言われています。
闘争本能や競争心、リスクや困難に対して立ち向かっていけるタイプです。

以上の事から、旺盛な男性はホルモンの分泌が関係しているようですね。

年代別に見るその症状とは?

それでは、年代別にどういった症状が出るのか見て行きましょう!

【20代半ば~30代前半】
男性ホルモン分泌量のピークは20代半ばから30代前半で、そのあとは落ちる一方です。
現代の若者の中には、食べ物やストレスなどの影響により男性機能が低下する場合もあります。
その影響でしょうか?若い人たちのセックス離れが進んでいます。
【30代後半~40代後半】
この年代になると仕事のやる気も持ち始め、社会に認められるようになります。
しかし、それと同時にストレスの蓄積も増えますので、その事が原因で男性機能が低下する時期ともいえます。
また、機能低下の原因ともいえる、男性更年期障害と言った症状も起こりやすい年代でもあります。
【40代後半~】
もうこの年代になると、老化による男性ホルモン分泌が、悲しいくらい少なくなってしまいます。
分泌が減ると体の筋力も衰えてきますので、性欲も減退しやすい状況です。
最も性機能低下を感じる時期と言え、回復対応が一番大変な年代と言えそうです。

諦めずに気を付けること

ジャンクフードは危険やはり、いちばん気を付けなくてはいけない事は、生活習慣の見直しではないでしょうか?

ストレスを溜めこんでいる、食生活の乱れ、喫煙や飲酒などなど、回復させるには大切な要素があります。

知らない内に、身体に迫りくる男性機能の不調・・・

自分は大丈夫と思っていると、いざとゆう時にショックが大きいので、日頃から気を付けることが大事です。

男性機能だけではなく、他の病気にもなってしまいますので、まずは出来ることから考え直してみましょう。

生活習慣が乱れていないのに症状が出てしまう、そんな方はサプリメントの力を借りても良いと思います。

まとめ

年を重ねる事で弱くなっていく男性力。

年齢はごまかせませんが、それに打ち勝つ体づくりは可能です。

生活習慣を気を付けながら、男性機能も維持していける体づくりをめざしましょう。

年だから・・・そう思わずに、セックスライフを楽しむことが人生の喜びにもなりますので!


  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

精力増強系ジャムウ一覧

タンドゥクルサ

タンドゥクルサ

パエ

パエ

スーパーライアン

スーパーライアン