精力と寿命

精力が強い人って長生きってイメージありませんか?

いつも元気ハツラツで、病気とは無縁、そんなイメージありますよね!

セックスの回数が多いと長生きなんて噂もありますが、精力と寿命の関係、ちょっと考えてみました。

セックスが増えると寿命が延びるってホント?

セックスの回数と寿命について、イギリスの研究機関が過去データーを取って分析をしたそうです。

その研究機関は、中高年齢層(40~65歳)を対象に、セックス回数と健康に関するデータを取ったところ、セックス回数が多い人ほど長生きをする傾向にあるという結論に達したそうです。

また、アメリカの研究では、女性はオーガズムを感じることにより、ストレスが緩和され、体内の抵抗力も増え結果寿命が延びるそうです。

なぜセックスが増えると寿命が延びるのか?

セックスと寿命に密接な関係があることがわかっていただけたと思いますが、なぜセックス回数が多いと寿命が延びるのでしょうか?

セックスをすることにより、体に負担がかかり、逆に寿命が縮むのではないか?と思うのが普通ですよね?

ハッキリとした裏付けはないのですが、どうもホルモンの分泌に関係してくると思うのです。

男性にしろ、女性にしろ、体内で分泌されるホルモンは体調を整えるのにとても大切なものです。

加齢によりホルモン分泌が減り体内のホルモンバランスが崩れると、体調が悪くなったり、精神バランスも崩れてきます。

いわゆる、更年期障害で女性の方が顕著に表れますが、近年更年期障害に悩む男性も多いと言われています。

ホルモン分泌とセックスと精力

つまり、男性にしろ、女性にしろしっかりとホルモンが分泌されれば、寿命が延びるという事です。

では、どうやったらホルモン分泌が盛んになるのでしょうか?

食事療法やストレス軽減など、いろいろな方法があるのですが、セックスもホルモン分泌を増やす一つの方法と思えます。

なぜなら、ホルモンを生成する器官は男性も女性も生殖器にあり、ホルモンとセックスは密接な関係にあるからです。

セックスの回数を増やすことによりホルモン分泌も盛んになるという事は、容易に考え付く事だと思います。

そして、セックスといえば、精力が不可欠でしょう。

特に男性は、精力=精子製造力、精子を作るという事はホルモンも作られる事ですから、精力を上げるという事はホルモン分泌を盛んにするという事に通じるのです。

まとめますと、ホルモン分泌を増やすことは、寿命延長に繋がり、そのホルモン分泌を増やすには精力増強が不可欠、そして同時にセックスをすることもホルモン分泌に役立つという事です。

セックスによりストレス解消

セックスによりホルモン分泌が増え寿命が延びるという話は、理解していただけたでしょうか。

もう一つ、セックスと寿命に関するお話があります。

それは、オーガズムに達することにより、脳内物質が発生し誘眠作用が起きるそうです。

セックスした後、眠くなってしまうでしょ?

その誘眠作用により、ぐっすり眠ることで疲労やストレスが解消され結果的に寿命に影響して来るという話もあります。


  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

精力増強系ジャムウ一覧

タンドゥクルサ

タンドゥクルサ

パエ

パエ

スーパーライアン

スーパーライアン