射精のメカニズムと早漏の原因

歯車と人若年男性のお悩みトップである早漏。

早漏は、精神的なもの、心因性のもの、身体的なものさまざまな原因があります。

こちらのページでは、早漏の原因を考える前にまず射精はどのようなメカニズムでおこるのかを調べ、それを踏まえて早漏の原因を検討してみました。

射精のメカニズム

性的興奮が高まると、陰茎(ペニス)の勃起が起こり、それと同時に精嚢や前立腺から液体の分泌が起こります。

この精嚢と前立腺から分泌された液体が混じりあって精液となります。

また、膀胱直下にある内括約筋が収縮し暴行からの通路が閉じられ、同時に尿道途中にある外括約筋も収縮し、尿道から外に出る通路も閉じられます。

内括約筋と外括約筋の収縮によって作られた空間に精液が貯まります。

一方、外括約筋の近くにあるカウパー線より尿道内にアルカリ性の液体が分泌され、尿で酸性になった尿道を中和します。

性的興奮がさらに高まり頂点に達すると、外括約筋がゆるみ、空間にたまっていた精液が放出されます。これが射精です。

この射精を引き起こすトリガー(引き金)として重要な性的興奮は、視覚、聴覚そして神経が密集して感覚が鋭敏な陰茎先端、亀頭部への刺激によって引き起こされ、この刺激が脳内の射精中枢に伝達され絶頂をむかえます。
悩む男性

早漏の原因―精神的な原因

早漏の原因の一つとして精神的な原因が考えられます。

これは、特にセックスの経験が少ない若年層の男性に多い原因で、セックスへの緊張や過度な期待感からくる興奮などにより、少しの刺激で性的興奮が一気に高まり、短時間で絶頂をむかえてしまうものです。

また、不倫など通常とは違う環境下での性交は、通常以上に性的な興奮を覚え、いつもより早く絶頂を迎えてしまうことがあります。

早漏の原因―心因性の原因

自律神経のバランス異常により、脳内にある射精中枢のコントロールが乱れ、少しの性的興奮で絶頂をむかえ射精してしまうという原因もあります。

これは、日頃のストレスや疲れ、不安感などからくる心因性のもので、特にストレスが多いベテラン男性に多く見られます。

早漏の原因―身体的な原因

一般に包茎男性は、日ごろから亀頭部への刺激に慣れていないので少しの刺激で絶頂を迎え射精してしまうと言われておりますが、これは個人差があるので一概に包茎が早漏の原因とは言い切れません。

男性ホルモンの低下や、泌尿器系の疾患、糖尿病などによる、疾患や病気による早漏も充分考えられる原因です。

特に、前立腺や外括約筋の異常により絶頂前に射精してしまう症例も見受けられると聞きます。

このように、早漏にはさまざまな原因があります。

特に前立腺や括約筋の異常など疾患が原因の早漏は医師の診察と治療が必要となりますが、早漏が精神的な原因や、亀頭部の神経過敏が原因のものは、対応策が十分考えられると思われます。

合わせて読みたい役に立つ情報


  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

早漏予防系ジャムウ一覧

スーパーマジックティッシュ

マジックティッシュ

サムス・スーパーオイル

サムス・スーパーオイル