早漏を対策する上で気になる基準と時間とは?

時間をはかる男性の多くが悩む 『早漏』

自分ではそれほど早いと感じていなくても、相手からすれば早いと思われるパターンも・・・

早漏の症状は十人十色なので、どう判断したらいいのか正直迷ってしまう部分もあると思います。

そこで・・・

早漏と判断する基準って?

射精までの平均時間ってどのくらい?

自分が早漏であるかどうか、とても気になるキーワードですよね。

早漏の改善方法を探す上で、これから説明する基準を参考にして頂きたいと思います。

日本人の平均的な射精までの時間について

日本人男性の射精平均時間は、7分と言われています。

これは、世界的に見て早いのか遅いのか気になりますよね?

オランダの大学が、世界5カ国(アメリカ、イギリス、オランダ、スペイン、トルコ)で射精時間に関する大規模な調査を行った結果。

世界的に見た射精までの平均時間
『5分24秒』
年齢別に見た平均時間
『18歳~30歳 6分30秒』
『51歳以上 4分13秒』

第103回米国泌尿器科学会において、定められた定義は以下の3つです。

定義1
膣に挿入する前、または挿入して1分以内に射精してしまう。
定義2
膣に挿入後に自分の意志で射精を遅らせることができない。
定義3
十分な挿入により相手を満足させることができないために、性行為が苦痛、フラストレーションに感じる。

早漏の定義の為の国際学会では、射精時間は「1分」以内、コントロールが出来ない、精神的苦痛など様々な要因が判断基準とされています。

パートナーに早漏だと思わせない事も大切です!

アンケートアンケート調査によれば、日本人女性1000人(平均24.7歳)が望む平均挿入時間は・・・『14.4分』

女性が望む挿入時間
1~5分を望む女性の割合は10%
6~10分を望む女性の割合は36.5%
11~20分を望む女性の割合は36%
21~30分を望む女性の割合は12%
射精までの平均時間
18歳~30歳が6~7分
51歳以上が4~5分程度

男性の頑張れる時間と、女性が望む挿入時間の違いが倍以上ありますので、その誤差をいかにカバーして行くかがカギとなります。

射精時間だけを気にするのではなく、パートナーに対し満足できるオーガズムを与える事でカバーは出来るのではないでしょうか?

時間に執着しないようにしましょう

早漏と言う表現は、『女性が満足する前に射精してしまう』という意味も含んでいる事知っていましたか?

パートナーとのセックスでは、挿入から射精までの時間はあまり気にせず楽しむことが大切!

ストレスは、早漏を誘発する原因にもなってしまいますから!

まずはパートナーにオーガズムを感じさせ、セックスに対して満足出来るように心がけてください。

それでも早い事が気になる場合には、麻酔効果のあるアイテム、早漏防止コンドームなどを使いながらセックスをするのもいいと思います。

基準についてアドバイス

まずは女性が満足したかを基準と考えて、満足できていなければ早漏と判断する!

逆に言えば、最大のオーガズムを感じさせ、女性を満足させることが出来れば早漏ではない!

と考え方を変えてみましょう。

合わせて読みたい役に立つ情報


  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

早漏予防系ジャムウ一覧

スーパーマジックティッシュ

マジックティッシュ

サムス・スーパーオイル

サムス・スーパーオイル