早漏の対処と予防

早漏といえば、まだ性交経験の少ない青年層に多い物と思われてきましたが、近年は経験を積んだベテラン層の方の中にも早漏に悩んでいる方がいると聞きます。

早漏には多くの原因があり、対処法、予防法もそれぞれの原因により違ってきますが、今回は「心因性原因」「精神的原因」「器質的原因」「神経過敏」の4つの原因に分けて、それぞれの対処法、予防法について考えてみました。

心因性原因

男性の陰茎を勃起させ、射精するには、脳内の交感神経と副交感神経の働きが深く関わっています。

副交感神経により、陰茎を勃起させ、交感神経により射精をさせるのですが、自律神経の乱れなどにより、この2つの神経のバランスが崩れると、思っていた以上に早く射精する、いわゆる早漏となってしまうことが多いと言われています。

このバランスの崩れの原因としてあげられるのは、疲れや不安感、仕事や生活に対する緊張などのストレスに起因している物が多く、ストレス・フリーの生活を続けると早漏が治るといった例も報告されています。

しかし、現代社会においてストレス・フリーの生活は、ほとんど不可能と言えると思います。

ストレス・フリー生活が難しければ、ストレスを溜めない生活を心がけていくのもひとつの手でしょう。

趣味を楽しむ、スポーツで汗をかくなど、ストレスを上手く解消して、ストレス・フリーの生活を心がけましょう。

精神的原因

精神的原因による早漏のほとんどが、男性の極度の緊張に起因しています。

特に性交経験の少ない青年層にこの原因は多く見られ、この強度の緊張により射精を引き起こす交感神経の働きが強くなり、早漏となると言われています。

この緊張の原因として、経験不足も挙げられますが、過去の失敗がトラウマになり「また失敗したらどうしよう」という不安感からますます緊張が高まることもあります。

緊張を和らげるにはリラックスすることが一番ですが、旅行に出る、性交する場所を変えてみる、時間を変えてみるなど、普段と違った状況で性交することも、緊張をとくひとつの方法でもあります。

また、経験回数を増やすことにより、緊張や不安が解消し、自然と早漏が治るということもあります。

器質的原因

器質的原因とは、前立腺炎やアルコール中毒、糖尿病など疾患などにより発生する早漏で、このような疾患が原因の場合は、専門医による治療が必要となります。

特に、糖尿病とアルコール中毒は、先に説明した副交感神経と交感神経のバランスが崩れやすく、これら疾患による早漏が増加しているといいます。

これら器質的原因の予防は、規則正しく健康的な生活やバランスのとれた食生活を送ることにより、病気にかからない健康で丈夫な体を手に入れることです。

神経過敏

亀頭部の神経が過敏で、少しの刺激でも性的興奮が高まり射精してしまうパターンがこの神経過敏に因る早漏です。

特に、性交経験がない青年層にこの傾向が多いと言われています。

対処法としては、性交経験を増やしていき、亀頭部の刺激になれる方法が一番ですが、亀頭部の神経を一時的に麻痺させる、クリームや漢方薬、ジャムウを使うことも、対処法の一つと言えるでしょう。

合わせて読みたい役に立つ情報


  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

早漏予防系ジャムウ一覧

スーパーマジックティッシュ

マジックティッシュ

サムス・スーパーオイル

サムス・スーパーオイル