アルカロイド

アルカロイドとは、植物に含まれる窒素を含む天然由来の有機化合体の事で、微生物、真菌、植物、動物を含む様々な生物の体内で生産されています。

代表的なアルカロイドとして、モルヒネ、ニコチン、カフェインなどが有名です。

多くのアルカロイドは生物に対して有毒なのですが、希釈することで病気の特効薬にもなったりします。

毒をもって毒を制すという言葉があるように、薬などは元をただせば毒物であったといいますから、アルカロイドに関しては、多量に摂取しない限り人間にとって、とても良い効果をもたらすのでしょう。

それぞれが持っている効果も多彩でありますが、植物が持っている毒の多くはアルカロイドであり、薬用植物の主成分もアルカロイドであることが多い為、医薬品の原料にも使われているのですね。

医薬品として使われているアルカロイドを記載してみました。(アルカロイド名/効能)

  • アジュマリン/抗不整脈
  • アレコリン/興奮、刺激、食欲の抑制作用
  • カフェイン/中枢神経興奮作用
  • キニジン/抗不整脈
  • キニーネ/解熱、抗マラリア
  • コカイン/麻酔薬、中枢神経興奮作用
  • コルヒチン/痛風の治療薬
  • スコポラミン/交感神経抑制
  • ツボクラリン/筋弛緩
  • ドーパミン/覚醒アミン
  • ビンカミン/血管拡張、高血圧治療
  • モルヒネ /鎮痛、中枢神経抑制
  • レセルピン/高血圧治療
  • 麦角アルカロイド/アドレナリン作動薬、血管拡張、高血圧治療

上記のほとんどが医薬品の原料として使われていますが、精力剤に使われているアルカロイドもあります。

精力剤系ジャムウによく使われている、ヨヒンビン、トンカットアリ、マカ、トリビュラスなども、植物のアルカロイドの一種ですね。

精力剤に使われているアルカロイドは、催淫作用、ストレス軽減効果に作用するものがほとんどで、ストレスが原因で起こる、心因性の性機能障害(ED)を改善させるには効果的です。

普通の台所で見かける野菜、果物等にもアルカロイドは含まれています。

野菜などを煮た時にでる灰汁(あく)などは野菜に含まれているアルカイドなのです。

昔からジャガイモの芽には毒があるといわれていますが、その正体はアコニチンやソラニンといった、毒性の強いアルカロイドなのです。

また、殆どのアルカロイドは苦味を持っています。

動物のように自由に動いて外敵から逃げられない植物が身を守る為に毒性のあるアルカロイドを作る能力を身に付けたと言われています。

子供の嫌いな野菜といえばピーマンですが、このピーマンの苦味もアトロピンと呼ばれるアルカロイドなのです。

子供のころは苦味が苦手だったピーマンが、大人になって食べられるようになるのは、人間が成長する過程で苦味があっても毒ではないと学習していくことによるもので、またその苦味がおいしいと感じることもできるのです。

人間の暮らしの中に、アルカロイドが含まれているものはたくさんあり、、医薬品、精力剤として使用されていたり、食べものを美味しくさせたりと、色々な面を持ち合わせているようです。


  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック