コブラXに含まれている成分とは?

ED・勃起不全改善として人気のコブラXは、植物の根や葉、実、種など自然の原料を調合した体に優しいジャムウ・サプリメントですが、実際どんな成分が入っているか、すごく気になりますよね。

商品の袋や箱には、成分が表記されていますが、インドネシア語であり、また専門用語なのでちょっとわかりにくいです。

そこで、このページではメーカーから発表されている資料を元に、コブラXにはどんな成分が入っているのかを解説したいと思います。

どんな成分のジャムウなのか、知っておけば安心ですよね。

※インドネシア共和国の法律にのっとり、具体的な配合費、含有量は公表されておりません。

ユーリコマの根(Eurycoma Iongifola Radiz)

ユーリコマとは、マレー半島やボルネオ、インドネシアなど東南アジアの密林地帯に自生しているニガキ科の植物で、成長すると10m程度の高さになるそうです。

学術名は「ユーリコマ・ロンギフォリア」といい、日本では「ナガエカサ」とも言われています。

このユーリコマは、マレーシアでは「トンカットアリ(アリさんの杖)」と、呼ばれており古くから滋養強壮、精力増強の秘薬として使われているそうです。

なんでも、マレーシアでは滋養強壮薬としてだけではなく、発熱やマラリア治療にも用いられ、マレー大学を始めとした医療機関が、このパワーの秘密を探るため分析、研究されているそうです。

今では男性用栄養ドリンクとして、コンビニなどで売られるほどポピュラーなハーブとなったユーリコマですが、昔は「オランアスリ」と呼ばれる森の中で暮らす一部の人々しか知らない、秘密のハーブだったそうです。

オランアスリの人々は、このユーリコマの根を細かくすり潰し煎じて飲むことによって、熱帯雨林のジャングルという過酷な条件の中でたくましく生活していたんでしょう。

まだ、はっきりとした効用や成分がわかっていないユーリコマですが、コブラXでは、昔からマレーシアを始めとした東南アジアで滋養強壮、精力向上の妙薬として使われているユーリコマの根を配合しています。

ヨヒンベの樹皮(Yohimbe)

ヨヒンベとは、西アフリカを原産とするアカネ科の植物で、その葉や樹皮にはヨヒンビン(Yohimbine)と呼ばれる、アルカロイドが含まれています。

このヨヒンベは古くからアフリカで精力向上、催淫作用のあるハーブとして知られており、ヨーロッパでも媚薬、精力剤として昔から研究されてきておりました。

日本にも明治時代から紹介され明治38年に発行された医学書にも、このヨヒンベおよびそれから抽出されたヨヒンビンについての記述があるそうです。

さて、このヨヒンビンですが、α受容体拮抗剤としての効力があるといわれています。

α受容体拮抗剤?聞きなれない専門用語ですね。ちょっと難しい専門的なお話になってしまいますが、簡単に説明します。

受容体とは生物の体にあって、外部や体内からの刺激を受け取り、情報として利用できるように変換する仕組みを持った構造のことを言います。

たとえば、体内の血圧上昇という刺激を受け取り、血管の拡張など血圧を下降させる反応をスタートさせる信号を発生するもの、と考えていただければいいかと思います。

この受容体にはα1とかα2、あるいはβ1など数種類のものがあり、α1は血管や前立腺に、α2はさまざまな神経系に関与しているそうです。

さて、ヨヒンビンはα1受容体とα2受容体の拮抗剤です。

拮抗剤とはその受容体が働かなくさせる効果を持つものです。

ヨヒンビンには、性的興奮を抑える因子の働きを抑えたり、血管を収縮させる因子の働きを抑える効果があるそうです。

ここまで、説明すればもうお分かりですね。

そうです、ヨヒンビンとはバイアグラ、レビトラといった男性機能障害改善薬と同じような効果、働きを持つと考えられているのです。

また、α2受容体拮抗剤としての効果があるヨヒンビンには、心因的EDを改善する効果が期待できるという報告もあるそうです。

ミリスティカ・フラガンス(Miristica Fragans)

ミリスティカ・フラガンスは、英語ではミリスティカ・フラグランス(Myristica Fragrans)といい、いわゆるナツメグのことを言います。
和名ではニクズクとも言います。

一般的に市場に流通しているのは、このニクズクの木の種を乾燥させたもので、おもに肉や魚の臭いを消す香辛料やケーキやお菓子に甘い香りをつけるエッセンスとして使われています。

このナツメグには、下痢を止めたり、胃腸での消化吸収を助けたり、頭痛を抑える効果があるそうですが、一方昔から回春薬としての効果もあるといわれています。

もともと、ナツメグはインドが原産地でしたが6世紀ごろアラブの商人がヨーロッパにこのナツメグを紹介したときは「回春薬」として、紹介したそうです。

また、世界3大美女の一人として知られる古代中国の楊貴妃とナツメグの間には、こんな物語があるそうです。

楊貴妃の夫は中国唐の玄宗皇帝ですが、二人の間には30歳近い年齢差があったそうです。

当時20代前半の楊貴妃に対し、老人ともいえる50台の玄宗皇帝が愛を深めるためにこのナツメグ(ニクズク)酒を飲んでがんばっていた、というお話があります。

また、ナツメグは大量に摂取すると幻覚を感じる効果があると言われており、二人でナツメグによる幻覚を楽しんでいた、というお話もあります。

今も昔も、好きな女性のためなら、男性はがんばっちゃうんですね。

ジンセンの根(Ginseng Radix)

ジンセンとは、朝鮮人参のこと。

高い滋養強壮効果で有名な朝鮮人参(高麗人参)も、コブラXに配合されておりますが、他のジャムウでもこの朝鮮人参を配合しているものが多く見受けられます。

ショウガ(Zingberis Rhizoma)

日本でもおなじみの生姜です。

生姜は、血行を改善し、体を温める効果があると言われており、風邪の引きはじめや、体が冷えたとき生姜をたっぷり入れたジンジャーティーを飲むと、体が温まり、体調不良も改善されます。

精力剤系ジャムウに限らず、ほとんどのジャムウにはこの生姜が配合されており、ジャムウのベース的なハーブともいえるでしょう。

やっぱりジャムウでED・勃起不全対策!という方は
勃起不全・ED改善系ジャムウのご紹介
人気No1!ED・勃起不全対策ジャムウといえば・・・
コブラX(Cobra X)
奥の方から硬くなる感じが人気!意外とファンも多いジャムウです
ウラットマドゥ(Urat Madu)
じっくり~、しっかり~、なが~く楽しめちゃう勃起系精力剤ジャムウ!
スーパージャンタン(Super Jantan)

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

勃起不全・ED改善系ジャムウ一覧

ブラックコブラ

ブラックコブラ 新発売

コブラX

コブラX

スーパージャンタン

スーパージャンタン

ウラットマドゥ

ウラットマドゥ