漢方薬、ジャムウでのED治療

「バイアグラ」などの男性機能障害治療薬は、西洋医学によるED治療と言えます。

対して、東洋医学によるED治療と言えば、中国の漢方薬や、インドネシアの秘薬ジャムウによるものでしょう。

西洋医学の男性機能障害治療薬の効果については、「ED治療薬について」のページで説明させて頂きました。

こちらのページでは、漢方薬、ジャムウといった東洋医学によるED治療についてまとめてみました。

漢方薬とは?

漢方薬とは、医師(漢方医)が、患者さんを漢方的な診察(腹診、脈診、舌診)で、体の状況や体質などを判断して、複数の生薬を組み合わせて処方する薬の事です。

生薬とは、植物の葉、根、幹、皮、実、種や動物、鉱物など自然に存在する天然物をそのまま使う薬の事です。

つまり、漢方薬とは自然に存在する薬効がある物を、患者さんの症状や体質に合わせて組み合わせ、症状の緩和や治癒を行う薬です。

自然に存在する物が原料であるため、副作用が少ないと言われています。

古代中国では、生薬を煎じたり、粉にして飲んでいましたが、現在は主にエキス顆粒として飲む事が多いそうです。

漢方薬が効く仕組み

漢方薬は長い期間を掛けて、大勢の医師や薬剤師達が、研究して作られたものです。

現代のように、分析や解析が十分出来るような時代ではなかったので、実際に服用してみてどのような効果があるか見ながら研究していったと思われます。

長年のトライ&エラーで研究されてきた漢方薬ですから、副作用が少ないとも、言えると思います。

そのため、西洋医学のように、効く仕組み、原理がはっきりとわかっていなかった物も多いそうです。

しかし、現代では中国や日本などで漢方薬の研究が進み、どのような生薬がどのような仕組みで、どのような効果があるのかと言った研究が進んでいるそうです。

また、漢方薬というと、予防薬のイメージが強く、西洋医学薬品のように即効性は少ないと思われがちです。

確かに、2~3カ月かけて体質改善をしていく漢方薬もありますが、中には即効性のある漢方薬もあるのです。

西洋医学薬と東洋医学薬の違い

西洋医学の薬と、東洋医学の薬の最大の違いは、目的とする効果に対してのアプローチだと思います。

西洋医学は、目的とする効果に対して直接的ですが、東洋医学は間接的と言えるでしょう。

例えば、「熱を下げる」という目的の薬を考えた場合、西洋医学では直接、解熱効果のある薬を考えます。

それに対して東洋医学の薬は、「汗を出す」→「結果熱が下がる」と、言うように間接的な効き方をします。

そのため、西洋医学の薬の方が早く効き、直接的な効果もあります。

東洋医学の薬は、効き目も遅く感じ、人によっては効果があまり出ない方もいます。

しかし、その分体への負担は少ないと言えるでしょう。

ED治療においての漢方薬

漢方薬には幾種類もの薬があります。

もちろん、その中にもED治療に役立つものもあり、ネットショップや個人輸入で多くの漢方薬が日本に入ってきています。

しかし、私が調べた限りですが、直接ED治療だけに効果がある漢方薬は少ないと思います。

どういう事かというと、大半の漢方薬がED治療だけを目的としているのではなく、精力増強を目的として、結果ED治療に役立つということです。

これも、先ほど述べた、「東洋医学の薬は間接的な効果」ですね。

精力剤系漢方薬に用いられる生薬は、植物の根、実、葉などの他に、「オットセイの睾丸」「タツノオトシゴ」「鹿の角」といった、動物の一部も多くつかわれています。どれも、精力増強、滋養強壮に役立ちそうなものばかりです。

精力の増強とは、男性ホルモン分泌量の増加と精子製造能力の強化です。

ホルモン分泌と精子の量が増えることにより、精力が向上し、結果ED・勃起不全も治る、という考え方です。

このように、間接的なED治療ですので、西洋医学薬品に比べ、効果(陰茎勃起の継続)が出るのに時間がかかったり、中にはあまり効果が出ない方もいるかもしれません。

しかし、時間をかけたり、自分に合う漢方薬を見つけられれば、西洋医薬品より体への負担は少なく、体質改善も見込めるため、根本的な治療にもなると思います。

漢方薬の副作用

漢方薬には副作用が少ないと書きましたが、実際副作用が出る場合もあります。

漢方薬は自然の材料を使っています。

しかし、人によっては特定の食材に対してアレルギー反応が出る方もいます。

たまたま、飲んだ漢方薬に使われていた材料に対し、アレルギーがあると、副作用的な害が発生する可能性もあるのです。

インドネシアの秘薬ジャムウでのED治療

インドネシアに古くから伝わるジャムウは、インドのアーユルヴェーダを基にした、民間医療薬です。

インドからヒンドゥー教がインドネシアに伝来した時、僧侶によってもたらされた薬草を使った医療が、インドネシアで発展しジャムウになりました。

ジャムウは中国の漢方薬と同じく、植物の葉、根、幹、皮、実、種、そして動物や鉱物などを使った生薬を組み合わせた薬です。特に、インドネシアという土地柄、生姜、こしょう、ウコンなどと言ったスパイスやハーブがよくつかわれています。

ジャムウは古くから、バリアンと呼ばれる伝統医が親から子へと一子相伝でレシピが伝えられたため、研究が進んでいませんでした。しかし、近代になり国が中心となりジャムウの研究が進み、いまでは多くの製薬会社からジャムウは売り出されています。

このジャムウの中にも精力剤系の物が多くあります。

昔から「子は宝」と考えられてきた国ですので、子作りは非常に大切な事。

そのために、精力増強ジャムウは長い年月を費やし考えられてきたのです。

ジャムウも漢方薬と同じく、直接ED・勃起不全の治療だけを目的にした物はありません。

ジャムウの基本は、血液、リンパの流れを正常にする事。それにより、精子製造、ホルモン分泌を増加させ、精力増強を図り、結果としてED・勃起不全の治療に役立つのです。

単に勃起不全を治すだけでしたら、西洋医学薬にはかなわないと思います。

しかし、精力増強、精子量増加といった、根底からの治療、そして体質改善まで視野を広げたら、ジャムウの方が優れていると、考えてもいいかと思います。

ジャムウを使わずにED・勃起不全対策!という方は
ED・勃起不全対策のためにジャムウの他にできること
やっぱりジャムウでED・勃起不全対策!という方は
勃起不全・ED改善系ジャムウのご紹介
人気No1!ED・勃起不全対策ジャムウといえば・・・
コブラX(Cobra X)
奥の方から硬くなる感じが人気!意外とファンも多いジャムウです
ウラットマドゥ(Urat Madu)
じっくり~、しっかり~、なが~く楽しめちゃう勃起系精力剤ジャムウ!
スーパージャンタン(Super Jantan)

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

勃起不全・ED改善系ジャムウ一覧

ブラックコブラ

ブラックコブラ 新発売

コブラX

コブラX

スーパージャンタン

スーパージャンタン

ウラットマドゥ

ウラットマドゥ