効率よくED・勃起不全対策に効くトレーニング法

ED・勃起不全の対策に脚部や背部の筋肉トレーニングが大変役立つことをご紹介してきました。

しかし、忙しくて、なかなか筋トレの時間が取れないという方も多いと思います。

そこで今回は効率よくED・勃起不全対策に効くトレーニング法をご紹介いたします。

これまでご紹介してきたように、大腿二頭筋、大殿筋、大腿四頭筋などの筋肉のトレーニングがED・勃起不全対策に役立つのですが、特に筋肉トレーニングによりこれら筋肉の付け根に強いハリや疲労感を感じた時に勃起力が強くなる傾向があるようです。

では、付け根に強い筋肉疲労を感じるにはどうしたらよいかをご紹介します。

高負荷での筋肉トレーニング

通常のトレーニングを高負荷つまり錘などで負荷を増加させてトレーニングした時、筋肉の腱と関節に強い筋肉疲労が発生します。

高負荷でのスクワット

スクワット運動は、自分の体重以上の負荷はかかりませんので、この図のようにバーベルなどを使い負荷を上げてトレーニングを行います。

レッグプレスやデッドリフトは、錘の量を増やすことにより高負荷トレーニングができます。

バックエクステンションでは、胸にバーベルの錘などを抱えることにより負荷を増やすことが出来ます。

このように、錘を使い負荷を増やしてトレーニングをすれば、筋肉の付け根に強い筋肉疲労が感じられます。

しかし、高負荷トレーニングは一歩間違うと筋肉や関節などを痛め場合によっては怪我や事故につながるので、次に説明するスーパースロー・トレーニングの方をおススメいたします。

スーパースロー・トレーニング法

スーパースロートレーニング法は、アメリカのケン・ハッチスという方が、高齢者に向けに考案したトレーニング法だそうです。

通常のトレーニング法だと高齢者の方にはテンポが速すぎて正しい動作がマスターできなかったり、怪我につながることも多かったので、このスーパースロー・トレーニング法を考案したそうです。

どのようなトレーニング法かというと、通常のトレーニングを非常にゆっくりしたスピードで行うトレーニング法です。

負荷(錘)は通常のトレーニングの6割程度にします。

例えば、スクワット運動ならば、腰を落としていく動作を5~8秒、足を延ばしていく動作を5~8秒で行います。

1セットの回数は5~8回程度で、1度のトレーニングでは1セットだけで充分だそうです。

実際行ってみると、このスーパースロー・トレーニングは大変きついトレーニング法だという事がわかります。

速度が遅いため、反動や勢いが付けられない、そして正しい姿勢のチェックが常に行えます。

また、軽負荷でゆっくり行うので、怪我が大変少なく、安全なトレーニング法と言えます。

動作の繰り返し回数は少なく、トレーニング時間も短いので、忙しい方にはうってつけのトレーニング方法ですが、筋肉疲労は通常のトレーニング方法より強く、筋肉の増加量も多いそうです。

まさしく、効率的なED・勃起不全対策向けの筋肉トレーニングと言えると思います。

ジャムウを使わずにED・勃起不全対策!という方は
ED・勃起不全対策のためにジャムウの他にできること
やっぱりジャムウでED・勃起不全対策!という方は
勃起不全・ED改善系ジャムウのご紹介
人気No1!ED・勃起不全対策ジャムウといえば・・・
コブラX(Cobra X)
奥の方から硬くなる感じが人気!意外とファンも多いジャムウです
ウラットマドゥ(Urat Madu)
じっくり~、しっかり~、なが~く楽しめちゃう勃起系精力剤ジャムウ!
スーパージャンタン(Super Jantan)

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

勃起不全・ED改善系ジャムウ一覧

ブラックコブラ

ブラックコブラ 新発売

コブラX

コブラX

スーパージャンタン

スーパージャンタン

ウラットマドゥ

ウラットマドゥ