ED・勃起不全を改善する治療薬について

ED・勃起不全を改善する治療薬についてED・勃起不全を改善する治療薬といえば、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3薬が「男性機能障害治療薬」として世界的にも有名です。

しかし、これら治療薬は医薬品であり、その使用方法については、専門の医師の診断、指導が必要です。

というのも、もともとは心臓病のための治療薬として開発された薬のため、使用方法を間違えると心臓に大きな負担をかけてしまうと言われています。

このページではこれら治療薬がなぜED・勃起不全の改善に効果があるのかを説明します。

男性機能障害治療薬がED・勃起不全の改善に効果がある理由

「バイアグラ」「レビトラ」「シリウス」といった「男性機能障害治療薬」は、成分などの違いはありますが、おおよその効果、メカニズムは同じと言われています。

男性は性的刺激を受けると、陰茎内に環状グアノシン・リン酸(cGMP)という物質が発生します。

この物質は陰茎血管の平滑筋を弛緩させ、血管を拡張させる働きがあります。

これにより陰茎海綿体に血液が流入し勃起します。

しかし同時にこのcGMPを分解する5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)という物質が発生し、時間がたつとcGMPが分解され、陰茎の血管も収縮し海綿体への血液流入も減り、勃起状態は保たれなくなります。

男性機能障害治療薬はこの、PDE-5の機能を抑え、結果cGMPが分解されず、陰茎血管の拡張が継続します。

さらに、心臓の鼓動を強くする効果もあるので、より多い血液が陰茎海綿体に流れ込み、勃起状態の継続となります。

ここで、注意してもらいたいのは、この「男性機能障害治療薬」は、PDE-5の機能を抑える働きしかなく、cGMPを発生させ、血管を拡張させる効果はないのです。

つまり、治療薬を飲んだだけでは、勃起は起こらず、性的刺激を受けcGMPが発生して、初めて血管が拡張して勃起するわけです。

「男性機能障害治療薬」は、媚薬ではなく、勃起状態をより長く維持する薬と考えてください。

また、精子を増産する効果もありませんので、精力増強という効果もないと思ってもいいでしょう。

あくまで、陰茎の勃起状態を長続きさせる治療薬であるのです。

バイアグラ

バイアグラの正式名称は「シルデナフィル」「バイアグラ」とは、製造元である「ファイザー製薬」の商品名で、ED・勃起不全治療用には「バイアグラ」、肺動脈性肺高血圧症治療用には「レバチオ」の名称で販売されています。

もともとは、狭心症の治療薬として開発された薬ですが、狭心症の治療効果はあまり芳しいものではなかったのですが、臨書試験において、試験対象者が余った試験薬を返却するのを拒むため、理由を尋ねたところ、陰茎の勃起促進効果が見受けられたので、改めてED・勃起不全治療薬として開発されたそうです。

治療薬の効果として、陰茎の勃起を促進させる効果はありますが、副作用として血圧の急激な低下や狭心症症状が洗われることがあり、高齢者がこれを接種後、セックス中に死亡するという事故もあり、現在では使用の際、医師の診断と処方が必要です。

レビトラ

レビトラはバイエル薬品より製造・販売されている、ED・勃起不全治療薬です。

日本では2004年4月に承認され、6月より医療機関向けに販売されています。

レビトラはバイアグラに比べ

  • 効果の発現が早い
  • 食事による影響を受けない
  • 併用禁忌薬が多い
  • 薬の効果はバイアグラより大きい(少量で効果が大きい)

と言われています。

この薬も医薬品なので、使用に際しては医師の診断と処方が必要です。

シアリス

シアリスの正式名称はタダラフィルで、イーライリリー社の商品名がシアリスといいます。

日本では2007年7月に承認され、9月より日本イーライリリーより医療機関向けに販売されています。

レビトラやバイアグラに比べ

  • 食事の有無にかかわらず、服用が可能
  • 服用後長時間にわたり、勃起状態改善効果がある

と言われています。

もちろん、この薬も、医薬品なので、使用に際しては医師の診断と処方が必要です。

ジャムウを使わずにED・勃起不全対策!という方は
ED・勃起不全対策のためにジャムウの他にできること
やっぱりジャムウでED・勃起不全対策!という方は
勃起不全・ED改善系ジャムウのご紹介

勃起不全・ED改善系ジャムウ一覧

ブラックコブラ

ブラックコブラ 新発売

コブラX

コブラX

スーパージャンタン

スーパージャンタン

ウラットマドゥ

ウラットマドゥ



  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック