本当は違った!おやじ臭の真犯人ジアセチルってなに?

ジアセチルとは、有機化合物の一種で、特徴的な匂いを発し、発酵飲料や祝品の品質に大きな影響を持つ物資で、中年男性の発する「おやじ臭」の原因でもあります。

この物質は酵母や乳酸菌などの微生物による発酵の過程で発生する物質で、これまでは食品業界や醸造業界でしかその存在は知られていませんでしたが、中年男性特有の体臭、いわゆるおやじ臭の原因であることが先ごろ化粧品メーカーの研究で明らかになり、にわかに注目されました。

おやじ臭と加齢臭の違い

これまで、30歳を過ぎた男性から発せられる独特の体臭は、「加齢臭」と呼ばれ、その原因はノネナールという物質であると言われてきました。

しかし、加齢臭とはどんな臭いかを表現すると

「古くなった油のような匂い」

「古本のような青臭さ」

と、いうように「油臭さ」と「青くささ」という違った種類の臭いでありながら、どちらも「加齢臭」という一つの臭いであるかのような取り扱いがされてきました。

しかし、今回の研究発表により、ノネナールが原因となる加齢臭は「青くさい」匂いで50代から増加してくる匂いで、30代後半から40代にかけて発する「古くなった油」のような匂いはジアセチルという物質が原因で加齢臭とは別物という事が判明したのです。

加齢臭とおやじ臭

おやじ臭の原因ジアセチルとは

この「おやじ臭」と言われる、独特の油臭い匂いの原因ジアセチルは、酵母や乳酸菌などが発行する際に生成される有機化合物で、チーズやヨーグルトなどが発する臭いの主成分でもあります。

このジアセチルが人体から分泌されるメカニズムは、汗に含まれる乳酸菌などを皮膚表面に常在する細菌が分解することによって発生するものです。

30代前半からこの生成が増えてきて、40代がピークとなり、以降は徐々に生成が少なくなっていくという事です。

ジアセチルは、頭から首の部分にかけて多く発生し、揮発性が高いので匂いが周囲に拡散しやすく、特に女性はこのにおいに敏感と言われています。

そのため、汗をかきやすい夏場の満員電車などでは、このおやじ臭が蔓延してしまう事も珍しくないそうです。

おやじ臭を防ぐ対策としては、その原因が汗ですので、こまめに汗をぬぐったり、着替えなどをしてなるべく清潔に保つ、と言った方法が良いと思います。

20代から30代にかけては汗臭さ、30代から40代にかけてはおやじ臭、50代以降は加齢臭と、年代によって体臭は変わってきますが、周囲の人に嫌悪感を抱かれないように、男性も臭いに敏感になって注意をしていかなくてはいけない時代になったと言えるでしょう。


  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

加齢臭対策系ラインナップ

デオドラントソープ

ジャムウ・デオドラントソープ