タンドゥクルサに配合された漢方生薬、鹿角とトンカットアリの力とは

精力剤系漢方生薬、鹿角とトンカットアリの力とは精力増強系ジャムウ・タンドゥクルサには、多くの精力増強系漢方生薬が配合されています。

その中でも、特に重要なのが鹿の角から作られるパントクリンと、トンカットアリと言われるユーリコマの根。

鹿の角は、古くから不老長寿の妙薬と言われ漢方薬の世界では珍重されていました。

また、トンカットアリは、マレーシアでは「森のバイアグラ」と、異名を取るほど、強精剤として有名です。

このページでは、その二つの漢方生薬について、より深く掘り下げていきます。

パントクリン(鹿角)

パントクリンとは、鹿の角から抽出した物質で、精力増強、滋養強壮の力があると言われています。

鹿の角は、古くから「鹿茸(ロクジョウ)」と言われ、漢方の世界では不老長寿の三大妙薬の一つと言われています。

三大妙薬とはこの「鹿茸(ロクジョウ)」と、ジャコウ鹿の匂い袋である「麝香」、牛の胆石である「牛黄」です。

鹿の角と言われると、上の写真にあるような、立派に育った角を削って、それを薬にするのか?とお思いかもしれません。

漢方薬の中には、確かに立派に育った鹿の角を削って薬にすることもあるようですが、「鹿茸(ロクジョウ)」と言われるのは、袋角と呼ばれるものです。

鹿は、毎年春になると、古い角が抜けて生え換わります。

袋角とは、春先に生え始める若い角で、外見は黒っぽく、表面は皮と産毛に覆われています。

角は柔らかく、中の成分はほとんどが血液や骨髄液、神経細胞が凝縮されているそうです。

この1日に2cmも伸びる袋角は、活発な細胞分裂を繰り返すパワーがあり、昔から造血・神経系に作用すると言われてきました。

また、男性ホルモンを体内で大量に作り出す能力もあると、考えられています。

そのため、古代中国の宮廷では「子宝に恵まれる妙薬」とも言われてきました。

さらに、最近の研究では、脳と下半身の両方の血液循環が同時に改善することで、ストレス性EDや性機能改善、記憶力の向上に効果があるのでは、と期待されています。

トンカットアリ(ユーリコマ)

トンカットアリとは、日本名「ナガエカサ」・学術名「ユーリコマ・ロンギフォリア」と言われ、インドシナ、マレー半島、ボルネオなど東南アジアのひろい地域に自生するニガキ科の植物の一種で、成長すると10mくらいの樹木になります。

その根は古くから滋養強壮、精力増強に効くハーブと知られ、「マレーシア人参」「森のバイアグラ」とも呼ばれています。

このハーブは、古くからマレーシアで飲まれており、トンカットアリとはマレーシアの言葉で「アリさんの杖」と言う意味です。

マレーシアでは、このハーブを滋養強壮、催淫薬、強壮剤として使っており、発熱の治療や抗マラリア薬としても利用されており、 近年では、マレー大学を始め多くの専門機関がこのトンカットアリの効果に着目して、分析、研究を進めています。

現在のマレーシアでは、男性向け栄養ドリンクとしてコンビニで販売されるほどポピュラーなハーブとなったトンカットアリですが、以前は「オランアスリ」と呼ばれる、森の中で生活する一部分の人々しか知らないハーブでした。

オランアスリは、このハーブの根っこを細かく砕き、それを煎じて飲むことにより、ハーブの有効成分を接種しています。

それにより、熱帯雨林という過酷な環境の中でも、多くの子宝に恵まれ、たくましく生活していくバイタリティーが生まれていると言えるでしょう。

このトンカットアリには、以下の効果があると言われています。

男性機能の改善
精子製造促進、精子の質を高めるなどの効果の他に、男性ホルモンの一つであるテストステロンの分泌を促す効果があるそうです。
腎機能改善
体内の血流が改善され、腎機能や肝機能が改善されるそうです。
免疫力の活性化
体内の免疫力が活性化され、抗マラリア、抗HIV、抗ガン、抗酸化採用が期待されています。
その他の効果
解熱、消炎、疲労回復、スタミナ増強、糖尿病などの生活習慣病対策、貧血、ストレス緩和など、多くの効果が期待されています。
この鹿角、トンカットアリが配合された精力剤系ジャムウ・タンドゥクルサの詳細・ご注文は
タンドゥクルサ・鹿角パワーを配合した精力増強系ジャムウ
ジャムウで精力増強・滋養強壮を!
精力増強系ジャムウで疲れた体に喝!

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

精力増強系ジャムウ一覧

タンドゥクルサ

タンドゥクルサ

パエ

パエ

スーパーライアン

スーパーライアン