ジヒドロテストステロンとAGAと精力増強

ジヒドロテストステロン(DHT)とは、還元酵素である5αリダクテーゼ(5-AR)により代謝されたテストステロンであり、男性型脱毛症(AGA)や前立腺肥大などを引き起こし、また精力増強にも関係があると言われるホルモンです。

このDHTは、脱毛や前立腺肥大の原因と言われ、また精力減退ややる気の減少などを引き起こす悪玉ホルモンと言われていますが、本当に、人体に有害な悪玉ホルモンなのでしょうか?

このページでは、DHTに関して、一歩突っ込んで検討し、精力増強との関係性についても考えてみたいと思います。

ジヒドロテストステロンとは何か?

ジヒドテストステロン(DHT)とは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが還元酵素5αリダクテーゼ(5-AR)によって代謝されたホルモンの一種です。

なぜ、体内でテストステロンがDHTに代謝するのか、その原因はいまひとつわかっていないようですが、テストステロンを効率よく活用させるために、DHTに代謝させているようです。

調べてみると、筋肉以外の脳や皮膚、性器など体内のほとんどの部位はテストステロンが5-ARによってDHTに代謝されて初めて細胞内に受け入れることが出来るそうです。

筋肉はテストステロンそのものを受け入れることが出来るが、その他の部位はDHTに変わらないと受け入れられない、と理解してもらえばいいでしょう。

そしてDHTは、人体各部の細胞と結びつき、体の成長や分泌の促進などを行うのですが、その効果が人にとって良い事と悪いことがあるそうです。

そのため、DHTには悪玉ホルモンと善玉ホルモンの二つの顔があると言われています。

悪玉ホルモンとしてのジヒドロテストステロン(DHT)

DHTが悪玉ホルモンとして人に作用するものとしてまず男性型脱毛症(AGA)があげられます。

DHTは、頭皮の皮脂腺に結び付lき、皮脂を分泌させるのですが、それが過剰に分泌されると毛穴がふさがり、発毛を阻害してしまいます。

また、毛根にある毛乳頭(髪の毛を作る部分)に結びつくと髪の成長を妨げるそうです。

DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが代謝したもの、つまりテストステロンが多いほどDHTが多いので、男性ホルモンによりAGAが発生すると考えられてきました。

もう一つの悪玉面が前立腺肥大です。

DHTは、男性器の育成、発達に深く関係しています。

そのため、DHTにより前立腺の発達が起こります。

この前立腺の発達が行きすぎると、前立腺肥大、そして前立腺癌という病気になっていく事があるそうです。

この前立腺肥大治療薬として、フィナステリドという薬が開発されました。

この薬は、抗アンドロゲン薬で、5-ARの働きを阻害します。

つまり、テストステロンがDHTに代謝されるのを阻害するのです。

結果、DHTが少なくなり、前立腺肥大症の症状が緩和されるという事です。

また、同様の働きにより、頭皮部でのDHT代謝も阻害されるので、AGAの治療薬として「プロスカー」や「プロペシア」という商品名で発売されており、一定の成果を上げることが出来るそうです。

善玉ホルモンとしてのジヒドロテストステロン(DHT)

DHTが善玉ホルモンとして人体に作用するのは、男性の外性器(外生殖器)の形成です。

妊娠6週目から24週目にかけて妊婦さんの体内では大量のテストステロンが分泌されます。

胎児が男性だった場合、このテストステロンが5-ARによってDHTに代謝され、外性器(ペニス)が形作られていきます。

つまりDHTは、ペニスなど男性器を整形、育成するのに大変重要なホルモンなのです。

万一、DHTが充分に作られないような事があると、胎児が男性であっても、男性外性器ができていない状態で生まれてきてしまいます。

つまり、外見上は女子だが、染色体や内性器は男性という性分化疾患という状態になってしまいます。

事実、ドミニカ共和国の特定地域では、この5-AR欠乏症の胎児が多く、外性器や前立腺の発育不良と言った性分化疾患の発生頻度が大変多いそうです。

また、外尿道口が、正常な位置よりも手前のほうに後退して開いている尿道下裂という疾患も、このDHTが関係しているそうです。

このように、特に男性にとってDHTは、とても大切なホルモンといえるでしょう。

精力増強とジヒドロテストステロン(DHT)

DHTの作用の一つとして、精力減退があげられています。

5-ARによりDHTに代謝される前のテストステロンには、精力を増強する作用があります。

DHTに代謝されると今度は逆に精力減退の作用があるので、精力増強を考えたら、なるべくテストステロンの状態を保つ方が良いという事らしいです。

確かに、DHTに精力減退の作用があるのならなるべくDHTを発生させない方がいいと思います。

しかし、そのためにフィナステリドを摂取して5-ARの働きを阻害させるのはどうかと思います。

もちろん、前立腺肥大やAGA治療の目的の為なら、必要かと思いますが、精力増強のために5-AR阻害薬を摂取するのは、いかがなものかとも思うのです。

その理由は、本当に精力が減退するほどDHTが発生しているのかどうか不明だからです。

射精により、DHTが多量に発生するので、性欲が無くなる、という説もありますが、それよりもプロラクチンによる性欲低下の影響の方が大きいと思います。

また、射精によりテストステロンが減少すると、その代わりにDHTが発生するので精力が低下するという説もありますが、もともとDHTはテストステロンが代謝したものですから、テストステロンが減ったらその代わりにDHTが発生するという話も納得性がないと思います。

結論として、DHTには精力を減退させる作用はあるが、健康体の人なら、それほど気にしなくてもいいのではないか?と考えます。

精力増強について、ご紹介しております
精力増強について考えよう
ジャムウで精力増強・滋養強壮を!
精力増強系ジャムウで疲れた体に喝!
マイルドだけど、しっかり精力増強
鹿角パワー配合の精力剤系ジャムウ・タンドゥクルサ
ハードにガツンと「来る~っ!」
勃起系最強と言われる精力増強系ジャムウ・パエ

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

精力増強系ジャムウ一覧

タンドゥクルサ

タンドゥクルサ

パエ

パエ

スーパーライアン

スーパーライアン