精力増強の司令塔ゴナドトロピン

ゴナドトロピン(Gonadotropin)とは、脳内の下垂体から算出される性腺刺激ホルモンの一種で、男性の場合は精巣を刺激し、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促したり、精子形成組織を刺激して精子の産出を促したりと、精力増強のために大変重要な働きをします。

ゴナドトロピンは、直接テストステロンを産出したり、精子を産出するホルモンではなく、それらを産出する器官に働きかけ、その働きをコントロールする事から「精力増強の司令塔」なんてことも言われております。

また、このゴナドトロピンは男性だけではなく、女性にもあるホルモンで、女性の場合は卵巣や子宮に作用し、排卵をさせたり、子宮内膜の肥厚化や剥離・排出に重要な働きをするので、排卵誘発などの不妊治療に活用されております。

ゴナドトロピンの働き

ゴナドトロピンは、脳内の下垂体にある性腺刺激ホルモン産出ホルモンから算出されるホルモンの一種ですが、これには黄体化ホルモン(LH)と卵細胞刺激ホルモン(FSH)の二種類があります。

また、第三の性腺刺激ホルモンとして、妊娠中の胎盤で産出されるヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)もありますが、これは女性にしか発生しない性刺激ホルモンですので、今回は説明を割愛させていただきます。

男性の精巣(睾丸)は、精子を作る造精機能とホルモンを分泌する内分泌機能の2つの働きがあります。

ゴナドトロピンのうち、LHは内分泌機能に働きかけ、ホルモン、特にテストステロンの産出を促します。

もう一つのFSHは、造精機能に働きかけ、精子を作り出すための様々なホルモンの分泌を促します。

FSHの刺激により、精巣からは精子を作るための様々なホルモンが分泌されますが、そのうちの一つにインセビンというホルモンがあります。

このホルモンは精巣から血液中に放出され、下垂体前葉に作用して、FSHの分泌を制御します。

インセビンが充分に分泌されていればFSHの分泌を抑制し、インセビンの量が少なければFSHの分泌を促進します。

このホルモンのフィードバックはテストステロンも同様で、血液中のテストステロンの量が増加すると、LHの分泌が抑えられ、テストステロンの産出も少なくなります。

テストステロンの働き

ゴナドトロピンのLHの刺激により、精巣の間質細胞でコレステロールを原料にして、いくつもの酵素の力によりテストステロンが作られます。

テストステロンは血液によって末端細胞に送られ、5-AR(5αリダクテーゼ)という酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)になり、細胞の核内に入り込みます。

そして、細胞核内の遺伝子に働きかけ、タンパク質合成が行われます。

特に、前立腺や陰茎と言った男性性器関連の臓器の成長、発達にはこのテストステロンとDHTの働きがとても重要であると言われています。

また、テストステロンのその他の働きとして、ひげや体毛を増やしたり、筋肉や骨格の成長と言った男らしい体を作る働きと、先ほど説明した男性性器の成熟、発育や性欲の高まりと言った、精力増強に深い関係があることがわかっています。

コナドトロピンを増やす方法は?

これまでの説明でわかっていただけたと思いますが、男らしい体を作り、男性器を成熟させ、精力を増強するには、テストステロンが非常に大切な役割を持ち、コナドトロピンは、そのテストステロンと精力の源である精子を作り出す司令塔であります。

つまり、コナドトロピンの分泌量を増やすことが、精力を増強する一つの方法であるのです。

では、どうやってコナドトロピンを増やしたらいいのでしょうか?

具体的な方法は、まだ開発されていませんが、調べた文献によると『ローヤルゼリー』には、テストステロンやコナドトロピンと同様の働きをするホルモン様物質が含まれているそうです。

そこで、ローヤルゼリーを取ることにより、精力増強ができるという説もあるという事です。

精力増強について、ご紹介しております
精力増強について考えよう
ジャムウで精力増強・滋養強壮を!
精力増強系ジャムウで疲れた体に喝!
マイルドだけど、しっかり精力増強
鹿角パワー配合の精力剤系ジャムウ・タンドゥクルサ
ハードにガツンと「来る~っ!」
勃起系最強と言われる精力増強系ジャムウ・パエ

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

精力増強系ジャムウ一覧

タンドゥクルサ

タンドゥクルサ

パエ

パエ

スーパーライアン

スーパーライアン