精力増強に役立つハーブ・植物

精力増強に役立つ食材というと、動物性食材を真っ先に思い浮かべるでしょう。

確かに、動物の肉や生殖器などは、エネルギッシュで精力増強に役立つイメージがあります。

しかし、ハーブや植物の中にも精力増強に役立つものが数多くあり、古来からいろいろな土地で活用されてきました。

例えば、朝鮮ニンジンやニンニクは昔から精力増強、滋養強壮の妙薬として日本で珍重されてきました。

最近では、南米ペルー産のマカやマレーシアのトンカットアリ、ワサビの木として知られているモリンガに注目が集まり、また古来より欧州を中心に珍重されているトリビュラスなども滋養強壮・精力増強のハーブとして有名です。

このページでは、それらハーブや植物の精力増強パワーについて説明します。

朝鮮ニンジン

朝鮮ニンジンは高麗ニンジンとも言われるウコギ科の多年草で、朝鮮半島を中心とした地域で栽培されており、古くから滋養強壮・精力増強の妙薬として知られています。

朝鮮ニンジンは、マグネシウムやカリウムなどのミネラルを多く含み、滋養強壮、体力増強、疲労回復、血圧調整、消炎抗菌作用、健胃整腸作用などがありますが、特に精力増強に有効な成分はジンセノサイドという物質であると言われています。

この、ジンセノサイドは、サボニンの一種で、動脈硬化の原因であるコレステロール、中性脂肪の生成を抑えたり、血糖値や血圧を調整したり造血作用もあるそうです。

その効果から脳と性器の血行を活発化するとも言われています。

また、朝鮮ニンジンに含まれるジンセノサイドには神経を高揚するサボニンと鎮静するサボニンという相反するサボニンが含まれており、適切な使用法により、精力増強大変期待が持てる植物です。

ニンニク

ニンニクと言えば、家庭料理にもよくつかわれる食材ですが、滋養強壮の効果とともに、独特の臭いがある事でも食知られています。

ニンニクの細胞内にはアイリンという無色無臭な物質と、アリナーゼという酵素が独立した形で含まれています。

ニンニクを切ったり、擦ったりする事により細胞膜が壊れ、アイリンとアリナーゼが結合しアリシンという言おう性化合物ができます。

このアリシンが臭いの元なのです。

アリシンには、強力な殺菌力、抗菌力また、ビタミンB1の吸収を助ける作用があります。

そして、アリシンが加熱されてできるアホエンという物質には、血栓を予防する効果があります。

このアリシンとアホエンの力により、中性脂肪やコレステロールを低下させ動脈硬化を防止する作用があるのです。

この他にもニンニクには血行を良くするスコルジニンや精力増強には欠かせない亜鉛が多く含まれ、滋養強壮や精力増強に大変役立つ植物なのです。

マカ

最近、滋養強壮効果が注目されているマカは、南米ペルーが原産のアブラナ科に属するカブに似た植物です。

マカは標高4000m以上の大変環境が厳しい荒野に生息する植物です。

マカが生息する土地は環境が厳しいため植物の育成が難しく、そのため土地はミネラル分を豊富に含んだ土壌です。

そこで育ったマカには、ビタミンB1,B2,B6,B12,C,E、タンパク質、カルシウム、鉄、ヨード(ヨウ素)、グル今度、りん、カロチン、亜鉛など多くの栄養素を含んでいます。

古来、マヤ帝国ではマカは王族や一部の貴族しか口にする事が出来ず、また功績をあげた兵士に褒美として与えていたそうです。

それほど、貴重で栄養価の高いマカは、滋養強壮・疲労回復の効果が期待できますが、同時に精力増強に必要な栄養素も多く含まれているので、精力増強の効果も充分期待できます。

なお、栄養価が豊富なマカは厳しい自然環境の中で育ったもので、最近は通常の土壌で育てられたマカも流通しているそうです。

もちろん、通常の土壌で育ったマカには栄養素は少ないと思われます。

トリビュラス

トリビュラスとは、海岸沿いの砂地などに育つハマビシ科の多年草で、日本では浜菱(ハマビシ)と呼ばれています。

日本にも自生している植物ですが古くからヨーロッパでは男らしさを作るハーブとして、精力剤にも使われています。

トリビュラスは、重要な男性ホルモンの一種である「テストステロン」の分泌を活性化すると言われています。

テストステロンは、男性の睾丸から分泌されるホルモンで、微量ながら女性の卵巣からも分泌されます。

このホルモンの分泌は20歳代がピークでm30歳を超えるころから減少していきます。

このテストステロンの分泌が活発化すると、骨や筋肉の増大がおき、いわゆる「男らしい体つきを作る」作用が活発化します。

これが、ヨーロッパで「男らしさを作るハーブ」と言われる理由です。

このような効果があるトリビュラスなので、ホルモン分泌の活性化、精力の増強に役立つと言えるでしょう。

モリンガ

ワサビの木として知られるモリンガ・オレイフェラ(Moringa Oleifera Lamarck)は、その高い栄養価と過酷な環境でも育つ生命力の強さから「命の木」「奇跡の木」とも言われている、北インド原産のワサビノキ科モリンガ属の植物です。

木の根や葉にワサビに似た香や味があるので、日本では「わさびの木」とも呼ばれています。

この木の葉や根にはビタミンC・ビタミンA・カルシウム・ポリフェノール・タンパク質・鉄分・カリウム・アルギニン・ヒスチジン・イソロイシン・ロイシン・リジン・メチオニンなど、大変有益な栄養素も豊富に含んでいます。

この高い栄養価は、幼児や児童の発育時の栄養補助だけではなく、抗酸化作用を利用して免疫力の向上や生活習慣病の予防に使われたり、アレルギー体質の改善にも役立っています。

日本では、サプリメントや健康茶、石鹸などに利用されているモリンガですが、これだけ高い栄養素を持っているのなら、精力増強の効果も期待できます。

事実、フィリピンのセブ島では古くから子作りのために男性がこのモリンガの葉を食べる習慣があるそうです。

トンカットアリ

トンカットアリは、マレー半島やインドネシア、スマトラ、ボルネオなどの熱帯雨林みみられるニガキ科の灌木で、マレー半島では古くからハーブ・薬草として利用されてきました。

この木の根を砕き、煎じて飲むことにより、解熱、産後回復、炎症、創傷、腫瘍などに効き、滋養強壮、精力増強の効果があると言われています。

このトンカットアリの効果に着目したマレーシア、シンガポール、中国、日本などの医療機関が分析をしたところ、男性ホルモンの一種テストステロンの分泌を活性化したり、スタミナを増強したり、男性機能の回復などの効果も見つかったそうです。

古くから「アリさんの杖(トンカットアリ)」として、親しまれているハーブにも、精力増強のパワーが隠されていたのです。

精力増強について、ご紹介しております
精力増強について考えよう
ジャムウで精力増強・滋養強壮を!
精力増強系ジャムウで疲れた体に喝!
マイルドだけど、しっかり精力増強
鹿角パワー配合の精力剤系ジャムウ・タンドゥクルサ
ハードにガツンと「来る~っ!」
勃起系最強と言われる精力増強系ジャムウ・パエ

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

精力増強系ジャムウ一覧

タンドゥクルサ

タンドゥクルサ

パエ

パエ

スーパーライアン

スーパーライアン