男性ホルモンを減少させるイソフラボン

イソフラボン(Isoflavone)と言えば、豆腐や納豆など大豆食品に含まれていて健康に良いとされる栄養素ですが、性欲や精力増強に欠かせない男性ホルモン・テストステロンを減少させてしまう効果があるという研究結果もあるそうです。

本当に、イソフラボンには男性ホルモンを減少させる効果があるのか、検証してみました。

イソフラボンとは

イソフラボンとは、天然有機化合物(フラボノイド)の一種で大豆などのマメ科植物に多く含まれています。

よく耳にする「大豆イソフラボン」とは、大豆から抽出されるイソフラボンで、コーヒー豆やソラマメなどにもイソフラボンは含まれています。

イソフラボンとエストロゲン

このマメ科植物に多く含まれるイソフラボンは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと同じような作用をする植物性エストロゲン(フィトエストロゲン)と言われています。

これは、体の細胞内にあるエストロゲン受容体と結合し、あたかも女性ホルモンであるエストロゲンが作用しているかのように人体に働きます。

そのため、女性ホルモンが不足している女性がホルモンバランスを整えるためにイソフラボンを摂取することは体にとてもよいことですが、逆に取りすぎると今度は女性ホルモン過多となりホルモンバランスが崩れる原因ともなるそうです。

といっても、通常の食物から得られるイソフラボンの量では、ホルモンバランスを崩すほどの影響はないと考えられています。

食物以外にサプリメントなどでイソフラボンを摂取する場合は、用法、用量を守り、適正な摂取をしましょう。

イソフラボンとテストステロン

さて、エストロゲンと同じ働きをするイソフラボンですが、男性が摂取した場合はどうなるのでしょうか?

男性にはテストステロンを中心に男性ホルモンが精巣から分泌されます。

そして、同時に微量ですが女性ホルモンであるエストロゲンも分泌されます。

つまり、体内ではテストステロンとエストロゲンが適正なバランスを保っているのです。

しかし、このバランスが崩れると男性更年期障害や女性化乳房といったリスクも増えてきます。

そして、エストロゲンが増えると、相対的にテストステロンが減少し、性欲や精力が減少するといわれています。

とはいえ、通常の食事から摂取できるイソフラボンの量で、ホルモンバランスが崩れるとは考えにくいでしょう。

これも、女性の場合と同様に、食事以外にサプリメントなどで多量にイソフラボンを摂取した場合、ホルモンバランスの崩れによる障害のリスクが上がるという理解でかまわないと思います。

植物性エストロゲンの理由

マメ科植物に多いイソフラボンを代表とした植物性エストロゲン(フィトエストロゲン)は、多くの植物に含まれているそうです。

では、なぜ植物には女性ホルモンと同じ働きをするフィトエストロゲンが含まれているのでしょうか?

一つの仮説だそうですが、草食動物の過剰繁殖を抑えるために植物内にフィトエストロゲンが存在し、そのことにより自然界の生物バランスがとれているそうです。

大豆やマメ以外にもフィトエストロゲンを含む食材

大豆は、植物性エストロゲン(フィトエストロゲン)であるイソフラボンを多量に含む食材として知られていますが、それ以外にもフィトエストロゲンを含む食材はあるのでしょうか?

調べたところ「ザクロ」「アーモンド」「アボガド」や「たんぽぽ茶」といったハーブ茶にも、フィトエストロゲンが多く含まれているそうです。

とはいえ、これら食材を食べることにより精力への影響が出るには、かなりの量を食べなくてはいけませんので、それほど気にすることではないかと思います。

それよりも、肉だけとか、野菜だけといった偏った食事ではなく、肉、魚、野菜などをバランスよく食べることを心掛ければ、問題ないかと思います。

精力増強について、ご紹介しております
精力増強について考えよう
ジャムウで精力増強・滋養強壮を!
精力増強系ジャムウで疲れた体に喝!
マイルドだけど、しっかり精力増強
鹿角パワー配合の精力剤系ジャムウ・タンドゥクルサ
ハードにガツンと「来る~っ!」
勃起系最強と言われる精力増強系ジャムウ・パエ

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

精力増強系ジャムウ一覧

タンドゥクルサ

タンドゥクルサ

パエ

パエ

スーパーライアン

スーパーライアン