精力を回復させる腹部のツボ

人体にはツボ(経穴)と呼ばれる無数のポイントがあり、その中には指圧や針、お灸などで刺激を与えると精力回復の効果が期待できるツボも存在します。

今回は何か所かある精力回復のツボの中で、腹部にあるツボを紹介いたします。

ツボ(経穴)とは

ツボ(経穴)とは、中医学、漢方医学、経絡学の概念で、気と血のエネルギーの通り道である経絡上にあり、経絡が合流したり、分岐する重要な人体上にあるポイントです。

このツボを指圧、針、お灸などで刺激する事で、体調の調整や症状の回復などができると言われています。

もともと、中国医学において経験的な知見によってツボは見出されてきましたが、現代では重要な神経や血管上にあり医学的にもその効果が認められております。

全身のツボの数は600以上あり、日本や中国、台湾などでは漢字でツボを表記していますが欧米ではWHOによるアルファベット記号により表記しています。

関元(かんげん)

お腹のツボ・関元

ツボの場所
関元は、お腹の中心線上で、おへそと恥骨の中間で、おへそから指4本分さがった場所になります。
このツボは別名「丹田」とも言われ、武道などで力を発するときは、この部分に意識を集中しろと言われています。
ツボの押し方
ツボに中指の旗が当たるように3本の指を当て、息を吐きながらゆっくりと押し込みます。
その後、息を吸いながらゆっくり指を離します。
ツボを押しながら腹式呼吸をすることで、効果が倍増します。
ツボ押しの効果
関元は元気の源と言われるツボで、この部分を刺激することにより体から元気が湧いてきます。

大赫(だいかく)

お腹のツボ・大赫

ツボの場所
おへそから、指4本分真下に行き、そこから左右に5mm程度離れたところにあります。
(左右1か所ずつ、計2か所あります)
ツボの押し方
左右両方のツボを親指の腹で、息を吐きながらゆっくり押します。
痛みを感じるまで押してはいけません。
指を離すときもゆっくりと息を吸いながら離します。
ツボ押しの効果
大赫は陰部に血が集まってくるツボと言われており、男性ホルモンの分泌が盛んになると言われています。

横骨(おうこつ)

お腹のツボ・横骨

ツボの場所
恥骨の上縁中央部から左右に5mm程度離れた場所にあります。
大赫のツボから指1本分下になります。
ツボの押し方
大赫同様、親指の腹で息を吐きながらゆっくり押します。
話すときも息を吸いながらゆっくり離します。
大赫のツボの近くにあるので、一緒に刺激するといいでしょう。
ツボ押しの効果
横骨のツボは、膀胱に関する病気に良いと言われています。
尿の出が悪い、残尿感がある、トイレが近いといった病状に良いそうです。
また、同時に男性ホルモンの分泌を促すそうです。
精力増強について、ご紹介しております
精力増強について考えよう
ジャムウで精力増強・滋養強壮を!
精力増強系ジャムウで疲れた体に喝!
マイルドだけど、しっかり精力増強
鹿角パワー配合の精力剤系ジャムウ・タンドゥクルサ
ハードにガツンと「来る~っ!」
勃起系最強と言われる精力増強系ジャムウ・パエ

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

精力増強系ジャムウ一覧

タンドゥクルサ

タンドゥクルサ

パエ

パエ

スーパーライアン

スーパーライアン