更年期障害と精力低下

更年期障害と言えば女性特有のものかと思われますが、男性にも更年期障害がある事をご存知かと思います。

男性が更年期障害を迎える年齢は、およそ40歳代からと言われています。

更年期障害は、男性ホルモンの分泌低下により起こりますが、50歳~60歳代になっても症状が出ない男性も多く存在します。

症状が出るかどうかやその強弱は、元々の性格、生活環境、周囲の状況などにも左右されるそうです。

更年期障害が起こる原因として男性ホルモンの分泌量低下ですが、その要因としてストレス、疲労、加齢が関係しています。

男性の40歳代以降と言いますと、社会人として非常に重要な時期でもあり、職場の責任ある立場に置かれます。

仕事の重圧や責任度がストレスを招き、さらに加齢に伴うホルモン低下が相まって更年期障害が発生してしまうのです。

男性更年期障害となる原因について

男性更年期障害も女性更年期障害と同じ様に、ホルモンバランスの崩れが最大の原因と考えられています。

男性の場合、男性ホルモン(主にテストステロン)の減少が関係していると言われます。

男性はテストステロンの分泌は20代がピークと言われており、そこから年齢を重ねるにつれ分泌が低下し、40代頃から心や体に不調が現れて来ると言われております。

しかし、男性ホルモンの量が減少すれば必ず更年期障害になるのかというと、そういうわけではありません。

もともと更年期障害は、生殖期と生殖困難期の移行期間の事で、このホルモン減少が徐々に進めば問題はないのですが、ストレスや過労などが原因で急激にホルモン減少が起こると、体がついていけなくなり更年期障害となります。

男性更年期障害による性機能低下について

加齢により男性ホルモンが減少し、男性更年期障害になる事で自律神経に悪影響を及ぼします。

その事が、性機能低下につながり性欲減退やEDなどを招いてしまうのです。

更年期障害の治療方法として、男性ホルモンの補充やED治療薬を処方するなど色々な方法があり、これにより、更年期障害の症状も改善されると言われています。

ご自身では、ホルモン量のコントロールは難しい事ですので、次の事に気を付けるようにしましょう。

  • 細かいことを気にし過ぎない
  • 心配し過ぎない
  • 気分転換の方法を持つ
  • 規則正しい生活を送るよう心がける
  • ご家族など周囲の理解を得る
  • バランスのとれた食生活を心がける

これらの事を気を付けるだけでも、多くの症状が改善されるとされています。

治療薬や医療機関での治療もあると思いますが、普段からの生活習慣を見直す事で、改善、予防も可能です。

食事や運動をはじめ、睡眠など生活習慣を改善するだけで症状が軽くなる事もありますので、まずは自分で症状に対して気づく頃が先決で、気づいた事によってどう改善していくかを考え、男性更年期障害を乗り切る事によって、性機能の改善も期待できると思います。

男性にとっての更年期は、性機能低下など悩みの種が増えてしまいますので気をつけてみてください。

精力増強について、ご紹介しております
精力増強について考えよう
ジャムウで精力増強・滋養強壮を!
精力増強系ジャムウで疲れた体に喝!
マイルドだけど、しっかり精力増強
鹿角パワー配合の精力剤系ジャムウ・タンドゥクルサ
ハードにガツンと「来る~っ!」
勃起系最強と言われる精力増強系ジャムウ・パエ

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

精力増強系ジャムウ一覧

タンドゥクルサ

タンドゥクルサ

パエ

パエ

スーパーライアン

スーパーライアン