更年期障害と精力減退

更年期障害といえば、女性特有の病気ではなく、男性にも充分起こりうる障害であることはすでに常識となっています。

この更年期障害の原因は男性ホルモンであるテストステロンの減少。

つまり、更年期障害は精力減退にも深く関係しているのです。

ある意味、女性の更年期障害より深刻な問題を持つ男性更年期障害と精力減退の関係について調べてみました。

男性更年期障害の病状とは?

男性の更年期障害の症状は「精力減退」「記憶力の低下」「視力の低下」「全身の倦怠感」と言われていますが、他にも以下のような症状が報告されています。

ご自分で心当たりがないか、チェックしてみてください。(半数以上は更年期障害の疑いあり)


男性の更年期障害は、女性に比べ精神的症状が多いと言われています。

更年期障害から「うつ」になられる方も多いとききます。

特に、責任感や競争心が強い真面目型の男性は、精神的な障害につながるケースが多いので、更年期障害と軽く見てはイケナイそうです。

更年期障害の原因

更年期障害の原因とは、ご承知の通り男性ホルモン(主にテストステロン)の減少です。

テストステロンの分泌は二次性徴期から顕著になり、20代がピークと言われております。

そこから、徐々に分泌量は減っていきます。

20代の男性の男性ホルモンの量は血液1ccの中に30~43.5pg(ピコグラム・1pgは1兆分の1グラム)あるそうですが、加齢とともに減少し50代では16pgとおよそ1/3程度まで少なくなります。

ただし、この男性ホルモンの量が減少すれば更年期障害になるのかというと、そういうわけではありません。

もともと、更年期とは「生殖期と生殖困難期の移行期間」のことを言い、どんな人でも加齢により男性ホルモン分泌量は減っていき、生殖困難となっていくのです。

しかし、この現象が徐々に進めばいいのですが、急激な減少が起こると、体がその変化についていけず、更年期障害となるのです。

この男性ホルモン分泌量の急激な減少の原因ですが、ストレスや食生活、生活習慣の乱れ、そして環境ホルモンの影響が大きな要因と言われています。

特に、40代の男性は、加齢と社会的責任から来る大きなストレスにより、急激に男性ホルモン分泌が低下する恐れがあり、近年この年代の更年期障害による疾患が増えているそうです。

更年期障害と精力減退

先ほど男性更年期障害の症状についてチェックリストを載せてみましたが、この中には更年期障害以外の原因による症例の可能性も多いため、チェックがいくつあるから更年期障害とは、言いきれません。

しかし、男性の場合更年期障害が原因とされる顕著な症例があります。

それが、精力の減退です。

更年期障害の原因である男性ホルモンの減少は、そのまま精力減退に結び付きます。

ということは、急激な精力減退を強く感じたら、更年期障害の可能性も考えられるということです。

特に、以下の項目に心当たりがある場合は、要注意だと思います。

  • 朝立ちしているか?
  • 女性への興味はまだあるか?
  • 射精時の精液の量が急に減少していないか?

もちろん、何度も言いますが加齢により精力は減少していきますので、徐々にこのような症状が出てくるのは、自然だと思います。

ただし、このような症状が急に発生したら、要注意ということです。

更年期障害への対策

更年期障害は急激な男性ホルモン分泌量の減少です。

ですので更年期障害への対策は、不足する男性ホルモンの増加、補填になります。

その方法は

  1. 食生活、運動、飲酒、喫煙などの生活習慣の改善による男性ホルモン分泌量の増加
  2. ストレスを溜めない生活を心掛ける
  3. サプリメントや医薬品などにより不足した男性ホルモンを補充する

といったことになると思います。

精力増強について、ご紹介しております
精力増強について考えよう
ジャムウで精力増強・滋養強壮を!
精力増強系ジャムウで疲れた体に喝!
マイルドだけど、しっかり精力増強
鹿角パワー配合の精力剤系ジャムウ・タンドゥクルサ
ハードにガツンと「来る~っ!」
勃起系最強と言われる精力増強系ジャムウ・パエ

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

精力増強系ジャムウ一覧

タンドゥクルサ

タンドゥクルサ

パエ

パエ

スーパーライアン

スーパーライアン