精力減退を防ぐ3つのポイント

精力減退を防ぐポイント男性の精力は、年齢とともに減退していきます。

精力のピークは二次性徴期を過ぎた10代後半から20代後半にかけて。

それを過ぎ、30代からゆっくり減退していき、これはどうしようもない事です。

精力の減退を防ぐのに、薬やサプリメントを使うのも一つの方法ですが、あくまでもそれは一時的なもの。

恒久的な対策をするには、体質改善をして、健康で精力的な体を手に入れることです。

健康で精力的な体を手に入れるのは、それほど難しいことではありません。

こちらで紹介する3つのポイントを取り入れることにより、体質改善をし、精力の減退を防ぐことが出来るのです。

ポイント1:食生活の改善

体質改善のもっとも有効的な方法の一つが食生活の改善です。

基本的には、いろいろな栄養をバランスよくとる事ですが、特に次にあげる栄養素を多めにとることにより、精力減退の防止に役立つでしょう。

ヨウソ
昆布やわかめなど海藻類に多く含まれるヨウソは、生殖機能に関係が深い甲状腺の回復に非常に良いと言われています。
ビタミン・ミネラルも多く含まれる海藻類は、ダイエットにもよいので、意識して取りましょう。
亜鉛
亜鉛は精子製造に大変重要な役割を持っていると言われています。
肉類、魚介類、レバー、卵黄、牡蠣などに多く含まれていますので、手軽に摂取することが出来ると思います。
ビタミンB1
でんぷんや糖類をエネルギーに変えるビタミンB1は豚肉、うなぎ、玄米などに多く含まれています。
ビタミンC
かんきつ類などフルーツに多く含まれるビタミンCは、ストレスへの抵抗力を強めると言われています。
ストレスは精力減退の大きな要因の一つです。
ビタミンCをしっかり取ることにより、ストレスに負けない強い体を作りましょう。
ビタミンE
うなぎ、たらこ、アーモンド、ピーナッツなどに多く含まれるビタミンEはホルモンバランスを整え、生殖機能を向上させ、さらに血行を促進して体調の改善も期待できます。

ここにあげた食材以外にも、オクラ、納豆、山芋、キウイ、レンコンなど精力減退防止に良いと言われる食材はたくさんあります。

そのような食材を多く、バランスよくとることで、精力減退を防ぐ強い体を作りましょう。

また、食生活に関係するものとして飲酒と喫煙があります。

どちらも、ストレスを緩和したり、気分をリフレッシュするなど良い面もありますが、とり過ぎは悪影響しか出ません。

適度な接書を心掛けましょう。

ポイント2:充分な睡眠と規則正しい生活

適切な睡眠、質の良い睡眠は脳の活性化、心と体の疲労回復、そしてストレスの解消に役立ちます。

しっかりと睡眠をとることにより、精力減退の防止にも役立つのです。

質の良い睡眠をとるためには、規則正しい生活が必要です。

いつも決まった時間に寝て、決まった時間に起きる生活を続けることにより、睡眠の質も向上すると言われています。

夜更かしや朝寝坊は、お肌の敵だけではなく、心や体のリズムを狂わせ、精力にも影響してくるでしょう。

また、満腹時の就寝も質の良い睡眠がとれません。

胃の負担をなるべく少なくすることにより、より良い睡眠がとれるそうです。

就寝前の食事は避け、またコーヒーなど刺激の強いものも控えたほうがよいでしょう。

就寝前に温めのお風呂に入るのもよい睡眠をとる方法です。

熱いお風呂は覚醒効果がありますので、眠りにつく前は温めのお湯がいいとされています。

また、人間は体温が下がると眠くなるそうなので、入浴後一時的に上がった体温がゆっくり下がることにより、入眠しやすくなるという事です。

ポイント3:適当な運動

適度な運動は、新陳代謝が高まり、体が活性化されます。

これにより体内の血行も改善され、精子製造、ホルモン分泌も活発となり、精力減退に歯止めがかけられます。

ただし、過度な運動は疲労の蓄積など逆に悪影響を及ぼします。

散歩やゴルフなど体に無理がなく、長く続けられる運動がいいでしょう。

精力増強について、ご紹介しております
精力増強について考えよう
ジャムウで精力増強・滋養強壮を!
精力増強系ジャムウで疲れた体に喝!
マイルドだけど、しっかり精力増強
鹿角パワー配合の精力剤系ジャムウ・タンドゥクルサ
ハードにガツンと「来る~っ!」
勃起系最強と言われる精力増強系ジャムウ・パエ

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

精力増強系ジャムウ一覧

タンドゥクルサ

タンドゥクルサ

パエ

パエ

スーパーライアン

スーパーライアン