精力増強の必要性

精力増強を考えるにあたり、まず最初に精力について考えてみましょう。

一口に「精力」と言いますが、精力とは一体何でしょうか?

精力はなぜ強くなくてはいけないのか?

精力と男性ホルモンの関係とは?

ということを、考えてみました。

精力ってなに?

精力とは、性能力・生殖能力のことです。

つまり、子孫を残す能力の事を、精力と言います。

子孫を残す能力の基となっているのは、精子を作る能力です。

健康で元気のいい精子を作る力が大きければ大きいほど、子孫を残す能力も強くなります。

精力と男性ホルモン

精力は子孫を残す能力ですから、子作りが必要な年代(20代~30代)には、強い精力が必要ですね。

精力が弱ければ大切な子作りができなくなります。

では、もう子作りが必要ない40代以降の中高年齢層には精力は必要ないのでしょうか?

いえ、中高年齢層にも精力は必要なのです。

と、言っても中高年齢層になっても、子作りをしなさい、と言うことではないのです。

精子は、睾丸で作られますが、同時に男性ホルモンも睾丸で作られるのです。

男性ホルモンの生成は精力と密接な関係にあるのです。

精子製造能力が最も高い、10代後半から20代後半にかけて、男性ホルモンの分泌はピークを迎えます。

そして、精力の減退に比例するかのように、年齢を重ねると男性ホルモンの分泌も落ちてくるそうです。

男性ホルモンの分泌を活性化する。

これも、精力増強のもう一つの理由と言えるかもしれません。

精力が衰えるとどうなるの?

精力(=子孫を残す能力)が衰えるということは、子作りをする能力が衰えるということです。

単に精子が出ない、射精ができない、と言う事だけではなく、勃起しない(ED・勃起障害)、セックスをする気になれないといった事も起きてきます。

現代の若年層を表す「草食系男子」この理由の一つに精力減退があるかもしれませんね。

そして、先ほども説明しましたように、精子製造能力と男性ホルモンの分泌には密接な関係があります。

精力の衰えは男性ホルモンの分泌の減少と結びついているのです。

男性ホルモンの分泌が衰えることにより、ホルモンバランスが崩れ、更年期障害や体調不良の原因にもなってくるでしょう。

精力と言うのは、生殖能力だけではなく、体調や健康にも関係してくるのですよ。

精神的な面でも精力増強は必要です

「英雄色を好む」昔から言われている言葉です。

英雄、つまり大きな事を成し遂げる人は、性の面でも強かったようです。

精力の減退は、単に生殖能力や健康面だけではなく「やる気」「バイタリティ」といった精神面にも影響をしてくるようです。

エネルギッシュでバリバリ仕事をしていく人は、夜の生活も充実していると言うことでしょう。

いろいろなストレスや問題、障害がおおい現代社会を、バリバリ突き進むには精力の強さも重要ではないかと思います。

精力増強について、ご紹介しております
精力増強について考えよう
ジャムウで精力増強・滋養強壮を!
精力増強系ジャムウで疲れた体に喝!
マイルドだけど、しっかり精力増強
鹿角パワー配合の精力剤系ジャムウ・タンドゥクルサ
ハードにガツンと「来る~っ!」
勃起系最強と言われる精力増強系ジャムウ・パエ

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

精力増強系ジャムウ一覧

タンドゥクルサ

タンドゥクルサ

パエ

パエ

スーパーライアン

スーパーライアン