精力アップ方法って何よりも「定期的に射精」することが一番大切なのです!

精力アップには食材?運動?いいえ定期的な射精が大切精力アップを図るには、食べ物に気を付け、運動する事が基本だと思われがちです。

確かに、体力がなくなる中高年(40代~60代)の男性には、それも必要かもしれません。

しかし、性機能の根源となる部分ですから、体の本質の部分を考えていく事が必要となります。

そこで注目するのが『体の代謝機能』によって、体の活力も持ち直すことも可能であると言う考え方です。

代謝とは、成長と生殖を可能にし、その体系を維持しているとあります。

定期的に射精をすることによって睾丸の代謝も促され、性機能の維持に役立ってくれる事となります。

性の源は睾丸から!なんてことも言われていますので、もう少し深く考えて行ってみましょう!

どうして良いのか?その仕組みについて考えます

人の体は、使わないでいるとドンドン体が衰えていく・・・悲しい現実があります。

例えば、病気などで入院した時、ベッドで寝たきりでいると筋力が落ちてしまう、なんてこともよく聞きますよね?

この症状が、廃用性萎縮(Disuse atrophy)と言われ、使われない機能はどんどん衰退していく事を指します。

えっ?

筋力や体の機能は分かるけど、性機能には関係あるの?

はい。

廃用性萎縮と言うのは、筋肉から始まって、骨、内臓、神経にまで影響すると言われています。

性機能に関しても、筋肉、内蔵、神経が関係しますから、同じことが言えるのです。


以上の事から、睾丸の代謝を活発にすることによって、性の衰退が防げるのではないかと考えられます。

また人間の身体は、本来持っている機能の75%以下になったとき、自然回復は困難になります。

普段から射精していくことによって、機能を低下させないように気を付けて行くことが大切なのです。

年代別に見るセックスの回数

定期的な射精が精力アップの秘訣男性は40~50代にかけて、体力ともに性機能に関しても衰えてきます。

実際に、男性におけるセックス回数の統計でも分かるように、この辺りがターニングポイントのようです。

年代別セックスの回数(男性)
30代:3.0回
40代:1.9回
50代:1.6回
60代:1.2回

<参考>相模ゴム工業株式会社>>ニッポンのセックス

月日で見たセックスの回数
50%:30代後半からしていない
40%:月に1~2回
10%:年に数回

世界的に見ても日本の回数は少ない方ですが、やはり結婚や出産を機に少なくなっていく傾向にあるようです。

さらに追い打ちをかけるかのように、年を重ねるごとの体力、性機能の低下などが減少する原因ともなっています。

だんだん減ってしまうことは致しかたない事ですが、それに負けず体の若さを保つために頑張ってみましょう。

なんといっても性生活は、男性にとって生きる活力源なのですから!

まとめ

射精→代謝→精力アップにつながっていく事が分かりました。

でも・・・

性欲すらないから、セックスする気にもならない・・・

そもそも、勃起しないから出すに出せない・・・

セックスに自信がなくて回数が減っている・・・


そんな時は、サプリメントを使っても良いと思います。

やる気を起こし、回数を増やして射精をする事!

そうすることで代謝が活発になり、性生活の充実、いやいやすべての生活の原動力となって行きます。

大切な事は、根本的な部分を考え対応をすれば、悩みを解決することが可能だという事です。

精力増強について、ご紹介しております
精力増強について考えよう
ジャムウで精力増強・滋養強壮を!
精力増強系ジャムウで疲れた体に喝!
マイルドだけど、しっかり精力増強
鹿角パワー配合の精力剤系ジャムウ・タンドゥクルサ
ハードにガツンと「来る~っ!」
勃起系最強と言われる精力増強系ジャムウ・パエ

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

精力増強系ジャムウ一覧

タンドゥクルサ

タンドゥクルサ

パエ

パエ

スーパーライアン

スーパーライアン