紫外線には精力増強の効果もありますが、肌の焼き過ぎにはご注意!

紫外線を浴びると体内に男性ホルモン・テストステロンが多量に分泌され、そのことにより性欲アップや精力の増強などの効果があるといわれています。

しかし、紫外線を多量に浴びることにより皮膚ガンのリスクが高まり、さらに日光浴には中毒性があるということが最近の研究で分かってきました。

紫外線と精力の関係

人の体はもともと、日差しが強くなる夏になると性ホルモンの分泌が高まり、大胆になります。

以前にもお話しましたが男性の場合、夏に男性ホルモンであるテストステロンの分泌が増えて性欲も高まり、女性も男性程ではないですが、同じように性欲が高まるそうです。

そのため、夏には避妊具がほかの季節よりも多く売れるのです。

紫外線のリスク

性欲が増えるのは嬉しい限りですが、そうも言っていられない事がわかりました。

紫外線を浴びすぎる事で、皮膚がんのリスクが高まる事は以前から言われていますが、驚くことに、最新の研究で明らかになったのが、日光浴、日焼けの中毒性です。

どういうことかというと、紫外線を日常的に浴びていると、脳内麻薬である伝達物質エンドルフィンが促され、もっと日焼けしたい!といった中毒症状がおこるそうです。

中毒症状になり、繰り返し日焼けを続けることで皮膚がんの増加に繋がる可能性があると発表されました。

研究では、皮膚に備わる有機経路によって紫外線に当たったときにβエンドルフィンが合成・放出されて、麻薬のような作用をもたらすことがあるそうです。

このような事は、紫外線を浴びて日焼けをしたくなる習慣性という点においても麻薬に似てるような気がします。

日焼けマシーンも危ないそうです

もう1つ、皮膚がんの話でいえば日焼けマシーンを使っての日焼けは、皮膚ガン発症のリスクが、夏の地中海の真昼の太陽に同じ時間当たる場合と比べて、二倍にあがるそうです!

2009年のWHO(世界保健機構)の発表では、日焼けマシーンの紫外線にも太陽の紫外線と同じように発がん性があるということが確認されたということです。

紫外線により精神疾患も誘発される

最後に、日本ではあまり知られていませんが、北欧などの太陽光が1年を通して少ない所では、そううつ病(SAD)と言われる、特定の季節に発症してしまう病気があるそうです。

症状としては暗い冬など日照時間が短い季節の影響を受けて気分が落ち込むといった事が起きるそうです。

太陽光をほとんど浴びない状態が続くと、ストレスが溜まり、うつ状態になったり、ホルモン分泌が異常をきたしてしまうそうです。

紫外線の力は人間にとって大切でもありますが、逆に皮膚がんと言うリスクもあるので、なにごともほどほどに、と言ったところでしょうか。

精力増強について、ご紹介しております
精力増強について考えよう
ジャムウで精力増強・滋養強壮を!
精力増強系ジャムウで疲れた体に喝!
マイルドだけど、しっかり精力増強
鹿角パワー配合の精力剤系ジャムウ・タンドゥクルサ
ハードにガツンと「来る~っ!」
勃起系最強と言われる精力増強系ジャムウ・パエ

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

精力増強系ジャムウ一覧

タンドゥクルサ

タンドゥクルサ

パエ

パエ

スーパーライアン

スーパーライアン