テストステロンを増やすハーブ

世の中には、男性ホルモンの一つであるテストステロンを増やす効果のあるハーブ・薬草があります。

それら、薬草は古くから精力増強、滋養強壮の妙薬として知られてきました。

テストステロンは、筋肉や骨格を作るために大切なホルモンですが、同時に性欲向上、精力増強にも欠かせないホルモンです。

このテストステロンの量を増やす効果のあるハーブを摂取することは、精力増強の効果が期待できます。

今回は、テストステロンの量を増やす効果があるとされるハーブ、薬草をご紹介いたします。

フェヌグリーク

フェヌグリークは、中近東、アフリカ、インドなどで栽培されるマメ科の一年草です。

古くから牧草として家畜の餌につかわれたり、種子をすり潰してスパイスとして使われることがあります。

日本では「フエネグリーク」と表記されることもあり、「メッチ(シード)」や「メティー(シード)」といった名前でスパイスの一つとして知られています。

漢方の世界では「コロハ」という名前の生薬として使われており、補腎、強壮、健胃に良いといわれています。

このフェヌグリークから抽出したものが「フェヌサイド」という物質で、これはテストステロンを増加させるテストステロンブースターとして、多くのサプリメントに使われています。

特に、筋肉量を増加させるとい効果があるので、ボディビルダーの世界では有名なハーブで、同時に精力増強も期待できるそうです。

ユーリコマ(トンカットアリ)

ユーリコマ(Eurycoma longifolia)は、マレーシアの言葉で「トンカットアリ」といわれる、ニガギ科の灌木で、マレー半島やインドネシアの密林に自生する植物です。日本では「ナガエカサ」と言われています。

このユーリコマの根や樹皮などは、古くから密林に住む住民たちの間で、解熱、産後回復、炎症、創傷、腫瘍などに効き、滋養強壮、精力増強の効果があると言われており、現代でも民間療法に使われているそうです。

近年になり、マレーシアの大学などでユーリコマの分析が行われ、このハーブにはテストステロンを増加させる効果があることがわかったそうです。

トリビュラス

トリビュラスは海岸の砂浜などに自生するハマビシ科の多年草で日本では浜菱(ハマビシ)と言われています。

日本にも自生しているハーブですが、ヨーロッパでは古くから「男を作るハーブ」として有名で、精力増強や媚薬効果があるといわれています。

このトリビュラスも、テストステロンの分泌を増やす効果があることが、研究機関の分析で検証されています。

ムイラプアマ

ムイラプアマは、アマゾンの熱帯雨林に原生するボロボロノキ科に属する低木で、古くからアマゾンに住む人々に精力増強、滋養強壮のハーブとして知られてきました。

この植物には、ムイラプアミンというアルカロイドが含まれ、このアルカロイドにテストステロンを増やす効果があるといわれていますが、まだしっかりとした研究が進んでおらず、謎の多いハーブであると言われています。

精力増強について、ご紹介しております
精力増強について考えよう
ジャムウで精力増強・滋養強壮を!
精力増強系ジャムウで疲れた体に喝!
マイルドだけど、しっかり精力増強
鹿角パワー配合の精力剤系ジャムウ・タンドゥクルサ
ハードにガツンと「来る~っ!」
勃起系最強と言われる精力増強系ジャムウ・パエ

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

精力増強系ジャムウ一覧

タンドゥクルサ

タンドゥクルサ

パエ

パエ

スーパーライアン

スーパーライアン