別の視点で早漏対策

早漏対策の第一歩は、その原因を探ることであると言えるでしょう。

世の中には早漏防止呼吸法、早漏防止薬といった早漏対策法がたくさんありますが、どの方法が自分にとって最善なのかを知るためにも、自分の早漏の原因を探る事が、最重要課題であるといえるでしょう。

早漏の原因として、例えば性行為の際のシュチュエーションや、身体の状態など・・・

思い当たる所は沢山あると思います。

ここで参考までに、早漏についての説明をしたいと思います。

米国泌尿器科学会において、世界的な早漏の定義が定められたのが下記の3つになります。

【早漏の定義 1】
膣に挿入する前、または挿入して1分以内に射精してしまう。
【早漏の定義 2】
膣に挿入後に自分の意志で射精を遅らせることができない。
【早漏の定義 3】
十分な挿入により相手を満足させる事ができない為に、
セックスが苦痛、フラストレーションに感じる。

以上のなかで、一つでも当てはまる事があれば早漏であると判断されるようです。

また、世界的に早漏に関しての調査をした所、成人男性(18~65歳)の3割が自分は早漏であるという認識をしているそうです。

主に早漏は、若年層(18歳~30歳)に多くみられますが、中高年層(40歳~65歳)でも早漏に悩んでいる方も多くいます。

中高年層で早漏に悩んでいる方の場合、ED(勃起不全)を同時に抱えているケースも多く見られます。

早漏に対しての対策は?

早漏の原因として、器質性(包茎などにより亀頭が敏感になって早漏となる)または、心因性(精神的な問題で射精が早くなってしまう)の2つがあり、殆どの男性は心因性が原因とされています。

心因性の原因の一例として、経験が浅いために起こる極度の緊張感や、セックスに対しての過剰妄想などにより、性行為中にそれら緊張感や過剰妄想などが興奮を助長させ、射精に関わる交感神経を刺激してしまうのです。

まずは、緊張をほぐしリラックスする事が早漏改善の近道だといえるでしょう。

女性を満足させる事も大事です!

早漏の弊害として、パートナーが十分満足する前に、終わってしまうということがあります。

セックスでオーガズムを感じる女性は、全体のおよそ35%にすぎないとも言われております。

また、女性はそれぞれ感じる部分や感じ方が違いますので、いつでもパートナーを満足させることは大変難しいことだと思います。

しかし、前戯の時間をタップリ取りオーガズムを感じさせることで女性に満足感を与えることができます。

このことが、女性に満足してもらえ、さらに早漏対策にもなるのです。

たとえ挿入してから早い段階での射精に至ったとしても、女性が満足していればOKなのです。

また、セックスの後の触れ合いに価値を感じる女性もいるでしょうし、どちらもオーガズムに達することなく、ただ触れ合っているだけでも満足する女性は多いのです。

男性は一度射精してしまうと賢者モードに突入し、アフターケアがおろそかになりがちです。

ぜひ自分の早漏の事は考えず、女性の満足感を第一に考えてみましょう!

少し話がずれてしまったかもしれませんが、男性の早漏を改善する事も大事です。

しかし、女性を満足させる事でも早漏対策になると私は思います。

ジャムウ以外の方法で早漏対策!を考えている方は
>>早漏対策のためにジャムウの他にできること
やっぱりジャムウで早漏対策!という方は
>>早漏防止や予防、持続力アップならこのジャムウ
お手軽ラクチン!早漏予防系ジャムウなら
>>スーパーマジックティッシュ(Super Magic Tissue)
ハードリピーターにおすすめの早漏予防系ジャムウ
>>サムススーパーオイル(SAMSU Super Oil)

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

早漏予防系ジャムウ一覧

スーパーマジックティッシュ

マジックティッシュ

サムス・スーパーオイル

サムス・スーパーオイル