脳内改善で早漏防止!

早漏の1つの原因として、思春期の頃に気持ちよさだけを求めた自慰行為が原因になっている事があります。

射精までの時間などは気にせず、ただ快楽だけを求め早く済ませる自慰行為をする事によって、短時間の射精が癖として脳に記憶されてしまいます。

思春期の頃の自慰行為というと、親に見つからないように、こっそりしていたことが多いかと思いますが、見つからないように短時間で済ませようとしてしまい、その結果、早漏の原因にもなる短時間の射精が脳に記憶されてしまうのです。

厄介なことに、後々性行為する時に刷り込まれた短時間射精の記憶が陰茎への刺激と精神的な興奮も加わり、早漏の原因ともなってしまうのです。

脳の記憶を変えれば早漏が改善するかもしれません

思春期の頃に脳に刷り込まれた短時間射精の癖は、自慰行為もしくはパートナーの協力で充分改善可能です。

その改善方法には、よく知られているスタート&ストップ法がよいでしょう。

詳しくはこちら>>スタート&ストップ法~射精時間をのばす効果的な方法

セックスあるいは、自慰行為で、射精しそうになったら我慢する、落ち着いたら、またピストン運動を行うという事を繰り返すことで、脳に刷り込まれた短時間射精の癖が少しづつ改善されていくのです。

記憶の他にも関係するものがあります

射精までの時間が、思春期の頃の自慰行為によって脳に記憶され、実際に性行為になるとその癖が出てしまい、射精までが短くなってしまう事があると説明してきましたが、その他にも心因性、興奮、刺激といった物が射精時間の記憶と一緒になり、早くに射精してしまうといった事が起きてしまうのです。

男性の性行為に対しての興奮は抑えきれないものがあると思いますので、まずは脳の記憶を書き換える事を、トレーニングによって改善していきましょう。

脳の潜在意識によってコントロールされています

射精の時間は、脳の潜在意識の中に記憶されてしまっています。

潜在意識は無意識にという言葉も当てはまるように、普段私たちが意識できない意識のことを言い、あらゆる生活パターンが記憶としてインプットされています。

ですので、快楽だけを求めた短時間の自慰行為による射精時間なども潜在意識の中に記憶されてしまっているのです。

昔に刻み込まれた記憶が、無意識のうちに射精時間を支配してしまっていたんですね。

また、潜在意識を変えていく方法のひとつとして、寝る前にプラスのイメージを考えるといいそうですので、早漏ではない自分、パートナーを満足させている自分を寝る前に妄想してみるのもいいかもしれません。

どうでしたでしょうか?早漏にも色々な要因があると思いますが、記憶に関係している早漏もある事がわかりました。

ということは、逆に考えれば記憶を書き換えることが出来れば、早漏の克服にも繋がっていくのではないでしょうか。

ジャムウ以外の方法で早漏対策!を考えている方は
>>早漏対策のためにジャムウの他にできること
やっぱりジャムウで早漏対策!という方は
>>早漏防止や予防、持続力アップならこのジャムウ
お手軽ラクチン!早漏予防系ジャムウなら
>>スーパーマジックティッシュ(Super Magic Tissue)
ハードリピーターにおすすめの早漏予防系ジャムウ
>>サムススーパーオイル(SAMSU Super Oil)

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

早漏予防系ジャムウ一覧

スーパーマジックティッシュ

マジックティッシュ

サムス・スーパーオイル

サムス・スーパーオイル