包茎手術で早漏予防?

包茎手術で早漏予防? 包茎の方は、早漏になりやすいといわれています。

普段から、亀頭部分が包皮で包まれているから刺激に弱く、ちょっとした刺激でもすぐ射精してしまう、という理由だからだそうです。

包茎が早漏の原因の一つなら、包茎手術も早漏対策の一つになるのではないのでしょうか?

このページでは、包茎の種類と、包茎手術についてまとめてみました。

包茎の種類について

包茎とは、ペニスの亀頭部に包皮がかぶさり、通常状態において亀頭部が露出しない状態のことを言います。

日本人の成人男性のおよそ60~70%は、包茎といわれています。

一口に包茎と言いますが、状態によって何種類かに分かれます。

非紋約型仮性包茎
通常時は包皮により亀頭が露出していないが、勃起時あるいは、手で包皮を剥いてやることにより容易に亀頭が露出するタイプの包茎で、日本人の包茎の大半がこのタイプといわれています。
セックスの際に大きな支障はないので、手術は不要であるという方もいます。
紋約型仮性包茎(カントン包茎)
勃起時や手で包皮を剥くことにより亀頭の露出はできますが、包皮口がせまいため、亀頭の根元を締め付け元に戻らなくなる仮性包茎の一種です。
重度の紋約型仮性包茎になると、包皮口の締め付けにより亀頭部がうっ血し、最悪壊死する恐れもあるので、専門の医療機関での治療が必要といわれています。
紋約型真性包茎
包皮口がせまく、勃起時や手で剥いても痛くて亀頭が露出しない状態の包茎を言います。
セックスの際、包皮が引っ張られ痛みを伴い、満足にセックスが続けられないので、手術治療が必要といわれています。
癒着型真性包茎
包皮と亀頭部が癒着しているため、手で剥いても亀頭部が露出できない包茎を言います。

包茎手術の種類

包茎手術には何種類か手術方法がありますが、基本的には余った包皮を切除、あるいは切開・縫合して包茎を治療するという方法です。

各手術方法には一長一短があるので、どのタイプの手術が自分に合っているかは専門の医療機関に相談されるといいでしょう。

なお、通常の包茎手術には健康保険は適用されませんが、重度のカントン包茎や真性包茎により、性行為に支障が出たり医師の判断により保険が適用される場合もあるそうです。

環状切除法
余分な包皮を環状に切開し、残った包皮の橋を縫合する手術で、手術痕も目立たず自然な感じになるので、もっとも用いられる手術法だそうです。
縦切開横一文字縫合手術
包皮を剥きもっとも狭い部分を中心に縦に切開し、狭い部分を横方向に広げて縫合する手術方法です。
包皮の切除はしないので普通の状態に比べ勃起時の膨張率が多い方向きの手術ということです。
亀頭直下縫合手術
亀頭部の直下ぎりぎりの位置まで包皮内皮を切除して、包皮外皮と縫合する手術法です。
手術による傷痕が亀頭直下で目立ちにくいのですが、亀頭部周辺の包皮の状態がいかにも不自然で、棟目に見ても包茎手術をしたことがわかってしまう手術法です。

包茎手術のトラブル

包茎手術で最も多いトラブルは、勃起した際包皮がつっぱてしまうことです。

これは、手術によって切除する包皮の量が多すぎると起きるトラブルで、通常時に比べ勃起時の膨張率が高い方に多いトラブルということです。

トラブルを回避する最善の方法は、実績があり、安心して任せられる専門医にかかることでしょう。

早漏対策に包茎手術は本当に必要なのか?

包茎手術により、亀頭部が常に露出することで、刺激に対する抵抗力が増え、早漏予防となる。

このような理論から包茎手術は早漏予防に有効であるという考えがあります。

しかし、早漏の原因が刺激に対して抵抗力が弱いからと限ったわけではありません。

ホルモン分泌異常やストレス、食生活の乱れによる体調不良、精神的なものなど原因は様々です。

包茎手術は早漏対策に関係ない、とは言えませんが、包茎手術をすれば、全員が早漏予防になるとは限ったわけではございません。

包茎に対する対処はこちらも参考に>>知っておくべき早漏の種類とタイプ

ジャムウ以外の方法で早漏対策!を考えている方は
>>早漏対策のためにジャムウの他にできること
やっぱりジャムウで早漏対策!という方は
>>早漏防止や予防、持続力アップならこのジャムウ
お手軽ラクチン!早漏予防系ジャムウなら
>>スーパーマジックティッシュ(Super Magic Tissue)
ハードリピーターにおすすめの早漏予防系ジャムウ
>>サムススーパーオイル(SAMSU Super Oil)

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

早漏予防系ジャムウ一覧

スーパーマジックティッシュ

マジックティッシュ

サムス・スーパーオイル

サムス・スーパーオイル