早漏防止の必要性とは?

早漏防止って、必要な事なのでしょうか?

早漏は、ED・勃起不全とは違い、ちゃんと勃起し性交、射精もできます。

極端な早漏で、女性に挿入する前に射精してしまうのなら、受精ができず問題となりますが、ちゃんと挿入、射精できれば受精も可能で、問題ないのではないでしょうか?

いえ、早漏には深い問題があるのです。

このページでは、早漏が抱える問題を通じて、早漏防止の必要性を考えていきます。

早漏で、何が悪い!

早漏とは、射精するまでの時間が極端に短い事を言います。

医学的にははっきりとした時間は、規定されていません。

人によっては「挿入後30秒以内に射精したら、早漏」と、定義する人もいます。

また、「セックスを開始してから15分以内に射精したら早漏」という人もいます。

しかし、早漏はED・勃起不全とは違い、ペニスの勃起、射精は、ちゃんと行われます。

ということは、女性器に挿入・射精はできると言うことなのです。

つまり、受精は可能で「子供を作る」という事を考えたら、なんら問題はないのです。

だから「早漏で何が悪い!」という意見があっても、当然ではないのでしょうか?

早漏はパートナーに嫌われます

「早漏で何が悪い!」じつは、これは男性だけの意見なのです。

女性と男性は性的興奮のプロセスが若干違います。

興奮がない状態から、だんだん性的興奮が高まり、オガースムを迎えるまでは、さほど違いがありませんが。

オガースムを迎えたところから、大きく違ってきます。

男性は、オガースムを迎え射精すると、プロラクチンというホルモンが体内に分泌され、急速に性欲を失って行きます。

つまり、射精したらすぐに興奮は収まり、素に戻るのです。

しかし、女性は、オガースムに達したのち、だらだらと興奮が下っていきます。

オガースムの後はしばらくその余韻に浸っているのです。

この、興奮が高まり、オガースムに達し、その後の余韻に浸るまで、すべてを味わって女性は満足するのです。

しかし、男性が早漏気味で女性がオガースムに達する前に終わってしまったら、どうでしょうか?

だんだん高まってきた性的興奮を途中でやめられてしまう。

まさに、蛇の生殺し状態です。

こんなセックスが何度も続くと女性は欲求不満になっていきます。

欲求不満のセックスをするくらいなら、やらない方がマシ・・・だんだんセックスレスとなっていくのです。

さらに、男性に対し「身勝手な人」「冷たい人」という思いが募り、心は離れて行ってしまうのです。

早漏は、このような理由でパートナーに嫌われていってしまうのです。

あなたのパートナーは満足していますか?

男性は、オガースムに達すると射精という具体的な性的行動が現れます。

しかし、女性はオガースムに達しても、なかなかそうとわかる行動はありません。

息が荒くなる、体温が上がる、細かいけいれんを起こす・・・など特徴はありますが、男性に比べて分かりにくいです。

脅かすわけではありませんが、あなたのパートナーは本当にあなたとのセックスに満足していますか?

実は、パートナーが満足する前に、あなたが射精しているのかもしれませんよ?

早漏防止の必要性、これでおわかりいただけたでしょうか?

ジャムウ以外の方法で早漏対策!を考えている方は
>>早漏対策のためにジャムウの他にできること
やっぱりジャムウで早漏対策!という方は
>>早漏防止や予防、持続力アップならこのジャムウ
お手軽ラクチン!早漏予防系ジャムウなら
>>スーパーマジックティッシュ(Super Magic Tissue)
ハードリピーターにおすすめの早漏予防系ジャムウ
>>サムススーパーオイル(SAMSU Super Oil)

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

早漏予防系ジャムウ一覧

スーパーマジックティッシュ

マジックティッシュ

サムス・スーパーオイル

サムス・スーパーオイル