早漏防止のための愛し方

早漏防止の方法を考える上で、愛し方、つまりセックスの方法も重要な要因と言えるでしょう。

早漏の一番の問題点は、パートナーが満足していないのに、男性が終わってしまうことです。

そのことにより、パートナーとの関係が悪化することもあります。

このページでは、たとえ早漏気味な方でも、パートナーが充分満足してくれる方法を考え、そのことにより早漏防止の方法を検討していきます。

充分な愛撫が必要

まず、第一に考えて頂きたいのが、オーガスム(性的絶頂)に至るまでのプロセスが、男性と女性とでは違うと言うことです。

男性の場合は、性器に性的刺激を受け続けると、オガースムに達し射精をし、その後急速に平常状態に戻ります。

それに対し、女性は性器への刺激だけではなく、体全体への愛撫などにより性的興奮は高まり、オガースムに達した後でも、性的興奮は残っています。

経験の浅い男性は、すぐに性器合体をしたがりますが、女性は事前にある程度の性的興奮がなければ性器合体は苦痛以外何物でもありません。
そのような状況下で男性だけオガースムに達してしまったら、女性はしらけるだけで、男性は身勝手な人、早漏という烙印を押されます。

まずは、体全体への愛撫から始め、女性の性的興奮が充分高まってから、性器合体を目指しましょう。

八浅二深

昔から、言われている言葉で「八浅二深」という言葉があります。

これは、性器合体時の男性の動きを表した言葉です。

ともすると、男性は性器合体した後、ひたすらピストン運動をして、女性がオガースムに達する前に射精をしセックスを終了してしまう傾向があるのです。

そうなると、充分に満足していない女性から、早漏という烙印を押されてしまうのです。

理想は、女性と男性が一緒にオガースムに達することです。

そのためには、がむしゃらにピストン運動を繰り返すのではなく、「八回浅く突いたら、二回深く突く」といった、リズムに変化を持たせて、性的刺激を与えるのも必要なのです。

また、この方法ですと、射精しそうになる前に、男性への刺激を軽くし、射精までの時間をコントロールすることもできるのです。

終わった後のフォローも大切

先ほども述べましたように、オガースムに達した後、男性は急速に性的興奮が鎮まるのに対し、女性はしばらくは興奮状態にいます。

その時に、男性だけさっさとシャワーを浴びたり、着替えたりすると、女性はしらけ、身勝手で冷たい人と思われてしまいます。

オガースムに達した後も、しばらくはお互い肌を密着させるなど、女性の性的興奮をフォローすることも、パートナーが満足するために大切なことであります。

ジャムウ以外の方法で早漏対策!を考えている方は
>>早漏対策のためにジャムウの他にできること
やっぱりジャムウで早漏対策!という方は
>>早漏防止や予防、持続力アップならこのジャムウ
お手軽ラクチン!早漏予防系ジャムウなら
>>スーパーマジックティッシュ(Super Magic Tissue)
ハードリピーターにおすすめの早漏予防系ジャムウ
>>サムススーパーオイル(SAMSU Super Oil)

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

早漏予防系ジャムウ一覧

スーパーマジックティッシュ

マジックティッシュ

サムス・スーパーオイル

サムス・スーパーオイル